たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 ラーメン専門店 E.Y 竹末

 先日の花の季に続く、もんみや8月号の冷やし中華特集限定メニュー第二弾は、さくら市喜連川にあるE.Y竹末さんの『ピンクフィアット』。永ちゃんの曲だと『真っ赤なフィアット』ですが、こちらはピンクでございます。

 それを目当てにお店にお伺いしたのは、8月2日(日)の午前11時頃。タッチの差で先頭に並べましたが、開店30分前のこの時間からお客さんが続々とやってきて、開店までに20人以上の行列に。その状況に、「みんな、ピンクフィアット狙いなのだろうか?」と思ったのですが、いざ開店して先頭切って入店して自分の注文を済ませ、他のお客さんが注文するのを聞いていたら、まだあまり知られていないというか、店内にも告知の張り紙等がなかったせいか、注文したのは私だけ。程なくすると、注文も一番最初だったせいか、登場したのも一番最初でした。

ピンクフィアット 830円
ピンクフィアット 830円
 そのピンクフィアットですが、見た目は、ピンクのビシソワーズにトマトや桜エビ、半熟卵、水菜や貝割れの色が映え、更にはトドメの薔薇一輪。なんて言うか、とってもオシャレっすね。(それにしても、先日いただいた花の季の『冷やし夏菜麺』同様、オレには似合わん見た目だよなぁ…。)それでまずは、タレというかベースとなる、豆乳やトマトを使ったビシソワーズをを一舐めしてみると、ふんわりまったりとした口当たりに、お味のほうはまろやかな中にもトマトの酸味が程良く効いていて、これだけでスープ皿一杯欲しいくらい。で、これを麺に和えていただいたところ、ビシソワーズと中華麺の組み合わせなので、いただく前はおよそ一般的な冷やし中華からはかけ離れた物だなと思いきや、ちゃんと冷やし中華に感じるところがすごいというか。なんていうか、甘みと酸味のバランスが絶妙なせいでしょうかね。また麺は、こちらのラーメンに用いられるものと同じような太さに感じたのですが、締められているせいかコシがものすごいです。そして全体を混ぜ混ぜしていただくと、具の、歯応えのあるクルトンや桜エビ、シャキシャキの野菜、トロトロの半熟卵など様々な食感と風味が絡み合って、もう。それと、具として上に載る低温調理された鶏肉は、皮目の香ばしさにショウガの風味が加わって、それだけで立派な一品料理というか。今回は『冷やし中華』故にこちらの『鶏』スープは中華そばのも二代目のも堪能することはできませんが、代わりにここで『鶏』を堪能することができました。更には、途中から別添え(どどーんと半個分!)されるレモンを搾ってかけると、味にその爽やかさが加わって、最後まで飽きずにいただけ、後味もサッパリとさせてくれるような気が。ただし、老婆心ながら、入れる時は様子を見ながら足していったほうがよろしいかと。

 というわけで、今回もものすごく堪能させていただいたというか、見た目も味もサプライズが一杯の冷やし中華でした。こんな竹末も、いいですねぇ。ごちそうさまでした。

平成21年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ