たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 中華料理 華泉

 この日は、午前中に矢板市に所用からのついでに昼食という予定だったのですが、時間にちょっとだけ余裕が出来たので、矢板市内を抜けて箒川を渡って野崎街道に入り、東北新幹線の高架下にあるこちらのお店まで。実は、何度もお店の前を通って気にはなっていたのですが、お伺いするのは初めてなんですよね。

 それで駐車場にクルマを停めお店に入ったところ、店内は街の中華屋とは違う立派な中華料理店という感じで、回転テーブルや座敷も。お伺いしたのが平日のお昼時とあって、作業着姿の人たちも。その他、地元の方々とおぼしき老若男女で結構な賑わいです。それと、店内には栃木県出身の偉大な作曲家である船村徹先生に関するものが多く飾られていると思ったら、こちらの女将さんが先生の門下生だったそうで。

華泉ラーメン 880円+税
華泉ラーメン 880円+税
 そんな中いただくのが、初めてのお店で迷った時はお店の名前を冠したメニューということでこちらの品をお願いしたのですが、登場したラーメンは、うっすらと色が付いたスープの上に、麺が見えないほど具材がたっぷり載っていました。それで早速いただいてみたところ、しじみがベースというスープは、あっさりしているけど何とも滋味深い味わい。またメニューにはラー醤を効かせたと書いてあったのですが、最初、それっぽい香りはすれど辛味はほとんど感じなかったものの、ただいているうちに唐辛子由来の辛味が口の中に蓄積していくような気がします。また具材はトロミでまとめられているのか口当たりが柔らかく、種類のバラエティーも豊かで、卵に豚肉、白菜、ニンジン、ピーマン、タケノコ、キクラゲ、ワカメに、海苔とナルト、そして薬味的な白ネギと、10種類以上使われていたかと。また麺は、老舗の中華料理店っぽい細縮れ麺で、「ムニっ」をやや硬質にしたような歯応えでした。

若鶏の唐揚げ 1000円+税
若鶏の唐揚げ 1000円+税
 こちらは、一緒にいただいたもの。お店のお勧めっぽかったのでつい頼んでしまったのですが、そのボリュームにちょっとびっくり。(実は今回、同行者がいたので、何とか完食できましたが。)火傷しないよう注意しながらかぶりついてみると、香ばしい衣は卵を使っているのかハード目にサクっフワっという食感。そして中の鶏肉はとってもジューシー。そのままでも十分いけますが、付属のスパイス入り塩を掛ければ味が締まって更に良いですね。

 というわけで、どちらも美味しくいたいたのですが、今回いただいた他にも気になる品が沢山有りましたので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ