たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 手もみらーめん 手伸し餃子 平塚 二代目

 宇都宮の平塚さん(初代)と言えば、かつて在った頃はそれこそ毎日昼時にはものすごい行列ができる有名店で、個人的にも何度かお伺いしたことがあったのですが、ある日突然閉店してしまいとても残念な思いをした記憶が。で、かつてそこで働いていた方が、宇都宮の南の方に「二代目」として平塚をオープンさせたのが昨年6月。それ以来、いつかお伺いしてみたいと思っていたのですが、今回ようやくそのチャンスが訪れました。

 お店には、午前11時の開店から15分ほど経った頃に到着。平日にもかかわらず店頭には10人ほどの行列が出来ていたのですが、その中に知人を見つけて軽く驚きました。それで私も早速その列に並んだところ、この時点で注文を聞かれたので、後述のラーメンと餃子をお願い。その後、店員さんの案内で入店してからも店内でちょっとだけ待ってカウンターに通されたのですが、そこから程なく、お店に到着してからだと約25分で、平塚さんのラーメンと餃子に感動の再会と相成りました。

煮玉子ラーメン 850円
煮玉子ラーメン 850円
 まずラーメンは、見た目的には記憶にある初代平塚と同じもの。で、早速スープからいってみたところ、あっさりしたダシに、醤油は強くないけどしっかりとした塩気の味付けに、硬質な食感の細縮れ麺、そして分厚いチャーシューの組み合わせは、まさしく平塚。しかもチャーシューは、嬉しいことに端の部分!ローストビーフで言えばエンドカットで、適度に肉の歯応えがありつつホロホロ感もある食感や良い塩梅の味付けに表面の香ばしさが加わって、これはたまりませんね。また、何気に好きだったメンマの味付けや、煮玉子の濃くない味付けや黄身のトロトロ具合も以前と変わらず、一口ごとに嬉しくなってしまいました。

餃子 一人前(3ケ) 240円
餃子 一人前(3ケ) 240円
 こちらも、見た目的には記憶にある初代平塚と同じもの。1つ1つが大ぶりで、ムチモチっとしつつも焼き目はカリっとした厚めの皮に包まれた、やや大きく刻まれたキャベツたっぷりの餡は、もう。以前と同じように、1つはそのまま、2つめ以降はお酢とラー油だけ(餡自体の味付けは濃くないけど、醤油を付けなくても美味しくいただける点も相変わらずでした。)でいただけば、以前の記憶が甦りました。

 というわけで、どちらも美味しくいただきました。で、今日もかなり混んでましたが、この味なら、店頭に初代と同じような行列が出来る日もそう遠くは無いと思います。(個人的には、初代で好きだったつけ麺が復活してくれると大変嬉しいんですが。)ごちそうさまでした。

平成29年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ