たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 豊信麺

 実はこちらのお店。四半世紀以上前からお店の横は幾度となく通り、存在も認知していたにもかかわらず、その暖簾をくぐったことは一度もありませんでした。ですがとある日曜日だったこの日、色々な事が重なってお店の前を通ったところ、店舗横の2,3台しか停められない駐車スペースに空きが。これは、このチャンスを逃すと一生訪れないままになってしまうと思い、急いでそこにクルマを入れました。

 それで店内に入ると、カウンターの中にはかなりお年を召した男性と、前にラーメン本で見たことがあるような気がする女性が。で、天井奥の照明が点いていないので店内はちょっと独特な雰囲気だったのですが、そんな中カウンターに座り、以下のものをいただきました。

ラーメン 450円
ラーメン 450円
 昔、某ラーメン本に載っていたミソラーメンも大変気になったものの、今回は初めてということで、ラーメンを。で、注文からほとんど待っていなかったにもかかわらず、男のかたから「お待たせして申し訳ありません」と出していただいたのですが、何ていうか、ものすごくシンプルな見た目。早速スープからいってみたところ、きわめてアッサリしていて、薄めの色のとおり味付けはライト目というか塩気控えめ。お陰で、具のザーサイ風味が結構際立つのが個性的ですね。また麺は、細めの緩く綴れたもので、ツルポニョッとした食感です。そして具のチャーシューは、プリサクの食感で、小ぶりながら肉の味がしっかり、味付けも良い塩梅です。これなら、チャーシュー麺でも良かったかなぁ、と。あとザーサイは味もかなり濃く、唐辛子の辛味が効いていました。

ギョウザ 300円
ギョウザ 300円
 こちらは、一緒にいただいたもの。で、結果から言うと、これが個人的にはかなりのヒットでした。まず、口に近づけただけで香ってくるニンニク・スメルで、それがかなり効かされていることが想像できるのですが、やや厚めで、パリサクなクリスピー食感の皮に包まれた餡が解き放たれると、想像どおりのニンニクがガツンっ!と。ただ、それだけではなく、餡自体にちゃんと味が付いていて、そのままでも全然いけるというか、逆に醤油付けちゃうと勿体ない感が。また、餡の中に入ってるキャベツなどの野菜が大振りで、若干シャキシャキ感の残る仕上がりになっていたのが面白かったです。

 というわけで、特にギョウザは美味しくいただいたのですが、今度はそれと共に、是非とも名物のミソラーメンをいってみたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ