たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

長崎県長崎市 四海樓

 このところ続く団体旅行ネタですが、その旅行二日目。この日は、博多から長崎へと移動してまずは某所を観光する予定となっていたのですが、悪天候でスケジュール変更を余儀なくされ、午前中から市内を徒歩で観光することに。それでオランダ坂から大浦天主堂、グラバー園などをまわり昼食となったのですが、それが先に回った観光スポットからも程近いところにある、元々ちゃんぽんをいただくべく予定されていたこちらのお店。

 といっても予約はしていなかったので、空く時間帯を見計らって午後1時半過ぎにお伺いしたところ、それでも混んでおり、席の関係で少々待ってから別室のようなところに案内されました。で、こちらのお店については、個人的には約5年前にお伺いして以来4度目の訪問となったのですが、折角今日は大人数で訪れているので、メインのちゃんぽん以外にも色々頼んでいただいてみることに。

合多司(ハトシ) 486円×2人前
合多司(ハトシ) 486円×2人前
 それでまずは、長崎の郷土料理的なものにもなっているハトシから。ウィキペディアによると、食パンに蝦のすり身などを挟んで揚げた料理。長崎の場合は元々明治時代に清国から伝えられ蝦多司という料理が起源で、その広東語読みの「ハトシ」という呼び方が広まって定着したとのこと。ですが、こちらのはお品書きにも明記されているように、蝦ではなく肉をパンで巻いて揚げたものになっています。で、いただいてみるとサクサクの食パンの内側には、肉の餡がたっぷり。香辛料も効き味付けもしっかりしているので、「付けて食べてください」と言われた酢醤油はなくても美味しくいただけました。

干烧虾仁(エビのチリソース) 1512円
干烧虾仁(エビのチリソース) 1512円
 こちらは同行者が注文したもの。チリソースの赤に銀杏の緑が良いコントラストになっているのですが、銀杏の他にもタマネギといった野菜類が入っていたのが珍しく感じました。で、プリプリのエビはもちろんなのですが、チリソースが旨いです。ちなみに、辛さは万人向けといった感じでした。

炒飯 972円
炒飯 972円
 これは、お米が食べたかった私が頼んだもの。ぱっと見、とても細かく切られた具材が印象的で、特にニンジンは珍しく感じました。それでお味のほうは、風味がどことなくチャイニーズスパイシーというか、サラダ油で炒めたふつうのチャーハンとはちょっと違う気が。どちらかというしっとり感が残るタイプで、味付けもただの塩コショウだけじゃないような気が。(具材のせいですかね?)

ちゃんぽん 972円
ちゃんぽん 972円
 そしてメインのちゃんぽん。スープはこっくりとまろやかで、ベースの白湯や、肉や小エビ、イカやカマボコ、そして野菜といった具材から濃厚な旨味がこれでもかという感じ。また麺は、食感が今回のに関しては若干柔らかめに感じましたが、スープの旨味を吸いまくり。そして具は、前述のとおりバラエティー豊かなのですが、以前と比べると量が若干減った様な気も。(今回たまたまかもしれませんが。また、お値段が据え置きだったことを考えると致し方ない部分もあるかもしれません。)あと、前回いただいた時とは味の印象が違うんですよね。もっとも、これは前回いただいた時にも思ったことで、これだけ間隔が空いたら、前回いただいた時の味は正確には覚えていない筈ですから、アテにならない印象なのですが。

 というわけで、どれも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成29年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ