たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県日光市 ラーメン 貴族

 数えてみると6年近くお伺いしていなかったこちらのお店。その間に店舗が新築移転していたのは知っていたのですが、旧店舗から道路を挟んだ斜め前なんですね。で、お店は以前よりも広くなっていたのですが、人気故の混雑は相変わらずというか、お伺いしたのは日曜日だったのですが、クルマに乗って開店待ちしている人多数で、また開店すると程なくして満席となっていたような。

カルビらーめん(3辛) 1130円 + 小ライス 100円
カルビらーめん(3辛) 1130円 + 小ライス 100円
 そんな中、以前も良くいただいていたこちらの品を。ベースはあっさりしているのに、ゴロゴロっと入るトロトロのカルビやたっぷりの野菜類、そして香辛料などで深みのある風味や旨味が加わって、そこにちょっとだけ甘味も効いた良い加減の味付けは記憶どおりの旨さ。また以前は辛さの表記が小辛・普通・中辛・大辛・激辛の5段階となっていたと思ったのですが、今は0辛(辛さ無し)~7辛(地獄)の8段階になっているんですね。で、以前は大辛や激辛をいただいていたので今回もそのあたりをいきたかったのですが、体調がイマイチだったこともあって標準の3辛(辛いのok)でお願いしたところ、これが個人的にはピリ辛程度に感じました。それでまずはムチモチの太縮れ麺を啜り、その後は小ライスを投入して堪能すれば、もう。

麻婆らーめん(2辛) 830円
麻婆らーめん(2辛) 830円
 こちらは、同行者がいただいたもの。ちなみに、隣の卓のマダム(お婆さん)3人組がこの品を揃って注文していたのですが、一部で流行っているんですかね。で、少々味見させて貰ったのですが、ごま油の香りが印象的。辛味に唐辛子のダイレクト感がなかったので、ラー油に使われているごま油の香りでしょうか?。ちなみに、辛さは標準で2辛(チョイ辛)となっていましたが、まさしくそんな感じで。また麻婆が上に掛かっているという感じではなく、スープ全体トロトロなタイプ。麺は細麺で、やさしめの味でした。

 というわけで、こらのカルビらーめんはだいぶ久しぶりだったのですが、やっぱり美味しかったですね。今度は体調を整えて、大辛あたりにチャレンジしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成28年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ