たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県鹿沼市 BARRACK D.M 竹末

 ちょっと前に購入したもんみやのラーメン特集号で知ったのですが、あのさくら市喜連川の有名店であるE.Y竹末さんが、今度は鹿沼市に支店を出したとのこと。で、タイミング良く、普段は滅多に行くことがない鹿沼に行く用事が出来たので、そのついでにお伺いすることが出来ました。

 それでお店に着いてちょっとビックリしたのがその立地。なんと、日光市今市が本店の有名店支店のお隣なんですね。また、その外観もインパクト十分。店名に「BARRACK」と付いているとおり、元は野菜の直売所だったという古いタイプのプレハブ造りなのですが、それが何ともオシャレな感じに。ちなみに竹末グループの例に漏れず、トイレは一見の価値ありとなっています。

味玉の帆立鶏出汁麺 1000円
味玉の帆立鶏出汁麺 1000円
 それで今回いただいたのが、こちらの品。もうも見た目からして豪華絢爛な感じがするのですが、早速スープをいってみたところ、ベースは竹末さんの看板メニュー(と勝手に思っている)「二代目」様の「濃い」鶏白湯でしょうか。ですが、二代目と違ってスパイシーさも感じられますね。そして写真だと奥の方に載っている帆立ペーストが凄いというか、単体で味見したところエグイほど「帆立」を主張するのですが、濃厚な鶏白湯と混ざるうちにマリアージュし、スープ更なる濃厚な旨味を加えます。また麺は、本店の二代目のとは違うムチモチっとした食感の太めのもの。あと具のチャーシューは複数種載っているのですがそれぞれ個性的で、中でも低温調理されたものはローストビーフを思わせる仕上がり(っていうかそのもの?)。更に味玉は、表面色は濃いのですが、見た目に反して卵、特に気味の濃厚さがよく判る味加減に仕上がっていました。

超豚バラ角煮丼 400円
超豚バラ角煮丼 400円
 こちらは、一緒にいただいたもの。限定メニューとのことで。で、ドドンと載った豚バラの角煮は、全てにおいてトロットロではなく、焼き固めてあるのか脂身以外の表面がちょいとパカ固気味の食感。味付けは若干濃いめに感じた甘塩っぱいもので、ライスがもっと欲しいです。(もっとも、実際はお腹の容量的に難しいですが。)

 というわけで、どちらも、とっても美味しくいただいたのですが、同時にインパクトがもの凄かったですねぇ。中でも特にラーメンは、個人的にこれまでいただいてきたラーメン史上、最も濃厚な一杯という感じがしました。こぢそうさまです。

平成28年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 21
24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ