たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 担々麺専門 發巳 矢板店 【閉店】

 10月に続いて(って、この記事をあげたのは1月ですが、訪問自体は昨年11月なのもで…。)二度目の訪問となったこちらのお店。前回はデフォルトというかこちらのお店の基本というべき發巳担々麺をいただきましたので、今回は別の品を。

麻辣担々麺 780円
麻辣担々麺 780円
 それで選んだのが、こちらの麻辣担々麺。「麻辣」=ちょっと前に流行ったような気がする「辛シビ系」ということになるのでしょうか、前回いただいた發巳担々麺と比較すると、確かに山椒の清涼感とシビレも加わって、また気のせいか唐辛子の辛さ自体も強いような気も。それでも、全く破綻していないというか、これはこれで、まとまりのあるお味ですね。また、スクエアな形状の細ストレート麺(160g)は發巳担々麺と共通だと思ったのですがこちらのスープとの相性も勿論悪くないかと。あと、發巳担々麺に載っていた青梗菜がこちらには載っていないんですね。

半ライス 100円
半ライス 100円
 こちらは、一緒にいただいたもの。ちなみに平日ランチタイムは麺類を頼むとサービスになるとのことですが、この日は日曜日だったので。で、以前は「担々麺の残りスープにライス投入なんて!」と思っていたのですが、最近ではすっかりと考えも変わり、「これはこれで旨いよな」なんて思ったりしています。それにしても、あしらわれた白煎りごまがらしくて良いですね、

坦々つけ麺 800円
坦々つけ麺 800円
 こちらは、同行者がいただいたもの。で、ちょっと味見させて貰ったのですが、つけ汁はドロドロっとした濃厚さで酸味も効き、かなりのパンチ力。また、中太の麺は、食感としては加水率が低めに感じたというか、噛み応えがある代わりに啜った時や口に入れた時の動きが若干渋いように感じました。もっとも、このくらい強くないと、強いつけ汁に負けてしまうと思いますが。ちなみに量は270gとのことで、結構なボリューム感ですね。

 というわけで、今回も美味しくいただいたのですが、お品書きには試してみたい品もまだまだありますので、近いうちにまた機会を見つけてお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成28年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ