たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

徳島県鳴門市 舩本うどん 本店

 これまでのいくつかの記事でも書いるとおり、今回、所用で徳島県鳴門市に行ったのですが、その鳴門に『鳴門のうどん』と呼ばれる独特のうどんがあると知り、是非ともいただいてみたくなりました。そんなわけで、ネットなどで事前に調べたところ、有名店らしいこちらにお伺いすることに。

おでん 100円 × 5個
おでん 100円 × 5個
 それでまずいただいたのは、うどんではなくこちら。お隣の香川県のうどん店では、確か結構な確率でおでんを置いているお店があったと記憶しているのですが、こちらにもあったのが気になって(って、実は行く前に調べた時に有るのは知っていたんですがね。)、うどんが来るまでの間にと思っていただいてみることに。ちなみに、煮ている鍋からセルフで取って、会計時に自己申告するシステムのようですね。で、濃い目に色が付いただし汁の中で煮込まれている様々な具材の中から選んだのが、玉子と牛すじと平天。(ベタで申し訳ない。)それに、備え付けのごく普通の辛子を付けていただいたのですが、しっかり煮込まれて味の染みたおでんは、どれも美味しいですね。

うどん 350円
うどん 350円
 そのおでんをいただいてるうちに登場したのが、お目当てのうどん。ちなみに、ぶっかけとか釜玉うどんもあったのですがそれらではなく、一番ベーシックな物をいただきました。それでまず、おでんに較べるとだいぶ淡い色のつゆを一口啜れば、いりこダシがベースに薄口醤油メインで味付けたとおぼしきそれは、とっても優しい味。で、そこに入るうどんその物が鳴戸のうどん最大の特徴で、うどんにしては細く、手もみラーメンのような縮れが入り、啜ると口当たりは柔らか。一部では『鳴ちゅるうどん』と名付けて売り出しているそうなのですが、確かに「ちゅるっ」と口の中に入っていきますね。そして具は、刻んだ油揚げと青葱。個人的にはこれだけでも十分だと思いますが、物足りなければかき揚げやちく天など別料金で追加できます。

 というわけで、初めての鳴戸のうどんだったのですが、個人的には柔らかいうどんが大好きなこともあり、とっても美味しくいただきました。(あまり良い例えではありませんが、この優しい味と食感は、飲み過ぎた翌日とか最高でしょうね。)再び当地を訪れる機会がれば、是非ともまたいただいてみたいです。ごちそうさまでした。

平成23年5月訪問


 それにしても、関東圏ではおでんの色が淡くそばのかけつゆの色が濃い所が多いのに、逆にこちらのほうではおでんの色が濃くうどんのつゆの色が淡い所が多く感じます。
 面白いですね。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ