たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

徳島県鳴門市 支那そば 三八 斉田店

 これまでの記事でも書いたとおり、所用で徳島県鳴門市に来て、当地で食べられている『鳴門のうどん』をいただいたりしたのですが、折角徳島に来たというのに徳島ラーメンを食べないで帰るのは失礼(誰に?)と思い、連食となりますがこちらのお店にお伺い。で、この『三八』。鳴門市で昭和45年に創業(というか、元々アイスクリーム屋さんだったのが、この年の冬にラーメンを売り出した)の老舗で、そのお店は立ち退きにともなって今はない(徳島市に移転し「田宮店」してい営業)のですが、現存する中で昭和49年にオープンの一番古い支店がこちらの斎田店という事です。

 それでお店には午前11時の開店直後に入る事が出来たのですが、わりと広い店内には既に何組かの先客がいて、その後程なくして満席に。で、こちらのお店は徳島ラーメンの有名店なのは間違いないのですが、少々変わっているというか、ラーメンと並ぶ主力メニューとしてお好み焼きと焼きそばがあり、そんなわけで各テーブルには鉄板が装備されていて、先客のテーブルからはお好み焼きを焼く香ばしい匂いが漂ってきました。ちなみに、お好み焼きの生地はラーメンのスープがベースだったり、焼きそばもラーメンの麺を使用しているとのことで大変興味があったのですが、連食となりますので…。

ラーメン肉入り小盛 700円 + 生玉子入り 50円
ラーメン肉入り小盛 700円 + 生玉子入り 50円
 そんなわけで、いただいたのがこちら。白褐色とも黄褐色ともつかない微妙な色合いの濁りのあるスープは、鶏などの動物系と野菜の旨味が詰まっていますが、重くなく脂感も適度。味付けは、薄口醤油がメインでしょうかね?(ちょっと自信なし。)全体的に、尖ったところのない穏やかな味という印象です。また麺は、ほぼストレートな中細の物。個人的には、歯応え含めおとなしめな印象なんですが、そこが当地の普段着のラーメンっぽいというか。そして具は、徳島ラーメンと言えばの豚バラ肉ではなく何とチャーシューに、メンマ、もやし、青葱、そして玉子入りなので生卵。チャーシューは懐かしい歯応えのあるタイプで、メンマはごくあっさりしとた味付け。また、生卵ですが地元の人はあまり入れないみたいで、まわりで注文しているお客さんはほとんどいなかったような。

ラーメン小盛 500円
ラーメン小盛 500円
 こちらは同行者がいただいたもの。シンプル・イズ・ベストといった趣ですね。

 というわけで徳島ラーメンを堪能させていただいたのですが、一つ疑問が。事前にネットなどで調べたところ、徳島ラーメンには黒系、白系、黄系という3つの系統があるそうなのですが、こちらの『三八』については、サイトによって白系に分類されていたり黄系に分類されていたりとバラバラなんですよね。(さすがに黒系に分類しているところはありませんでしたが。)まぁ、個人的には美味しくいただいたので、どうでも良いんですが。ごちそうさまでした。

平成23年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ