たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都三鷹市 中華そば みたか

東京都三鷹市 中華そば みたか

 東京都三鷹市の『江ぐち』といえば、私でも知っているような名店というか老舗で、是非ともいつかお伺いしてみたいなどと思っていたのですが、残念な事に昨年の1月末で閉店となってしまいました。ですが、その『江ぐち』のあった場所に、江ぐち時代に店を手伝っていた方?がお店を出されたと知り、丁度三鷹のお隣の武蔵野市で所用があったものだから、ついでとばかりにお伺いしました。

 それでお店には、開店の15分くらい前に着いたのですが、既に数人程待っている方が。なのでその後ろに並ぶと、開店の頃には結構な行列となりました。で、やがて時間となり、開店と同時にカウンターのみの店内は満席に。それで驚いたのが、そのほとんどのお客さんがビール(と竹の子orチャーシュー)を注文したことです。

ビール小 400円 + 竹の子 200円
ビール小 400円 + 竹の子 200円
 というわけで、郷に入りては郷に従えという言葉もありますので、私も小瓶のビールと竹の子を注文。サッと出てきた竹の子はいわゆるメンマなんですが、煮上がったメンマにラーメンのタレと魔法の調味料、そして刻んだネギを載せた物で、これがビールと良く合いますね。(ビールは中瓶にしとけば良かったかなぁ。)

ラーメン 450円
ラーメン 450円
 そして頃合いを見て、お目当てのラーメンを注文。程なくして、小さめの丼で出てきたラーメンは、見た目からして「中華そば」という感じです。で、まずは醤油で黒々としたスープを啜ると、煮干しの香りにガツンと醤油の味が。タレ自体は先程のメンマにかかっていたもので、どのような味かは先刻承知だったのですが、煮干の風味が強めのスープと合わさる事により、煮干し出汁から出る僅かな酸味や甘味も感じられるようになりますね。それにしても、紛れもなくラーメンのスープなのですが、個人的には蕎麦つゆも連想させる味かなぁ、なんて思ったりして。また麺は、ソリッドな食感の中細ストレート麺。シコシコの中華麺というよりも、どちらかというと蕎麦に近い気がします。それほど量はありませんが、飲んだ後だとこれくらいが丁度良いですね。そして具は、たっぷりの竹の子(メンマ)、細かく刻んだネギ、そして控えめなチャーシューと真ん中のナルトが泣かせます。

 というわけで、ビールと竹の子、そしてラーメンを堪能したのですが、こちらのお店って、ラーメン自体の味もさることながら、こちらに来て気さくな店主さんとしゃべりつつ軽く一杯やってからラーメンで〆るという行為そのものが、皆に愛されているんだな、なんて思ったりして。個人的にはラーメン店でビールは頼まないのですが、ここなら美味しく飲めそうな気がしますし、今度来る機会があれば、小瓶ではなく中瓶を、1本ではなく2本くらいいってみたいなぁ、なんて。ごちそうさまでした。

平成23年5月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ