たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

兵庫県尼崎市 園田屋 (園田競馬場内)

 岡山で用足しを済ませた翌日は、このGWに行った用足しがてらの長野・岡山・兵庫ツアーの最後の目的地である園田競馬場に立ち寄りました。で、個人的に競馬場でのお約束となっているのが、朝食にいただくうどん(orそば)。当然今回もしっかりといただいてきたのですが、今回いただいたお店は、正面入場門から入って左手奥の飲食店スペースにある園田屋さんというところです。

きつねうどん 450円
きつねうどん 450円
 それで、そのうどんは、私のような関東の人間(って、栃木県はそう思って貰えないらしいですが…。)が思う、いかにも「関西」という感じのつゆに、(讃岐うどんが一般化した今では)柔らかめに感じる茹で置きのうどん。そして、甘辛い汁が丁度良い加減でしゅんだ(使い方間違っていたら申し訳ない)お揚げさんという、当地でいただく極めて普通のきつねうどんなんですが、これが「偉大なる普通」というか。びっくりする程美味しいというわけではありませんが、個人的にはこういうベーシックなのって、大好きなんですよね。

 それにしても、この園田競馬場の飲食店のうちこの園田屋さんがある一角と正面入場門右手の一角は、少々古くて小さくとも店内には席があり、そこでいただくうどんには、なんとも言えない「味」がありました。何ていうか、良いなぁ、こういうところ。ごちそうさまでした。

平成23年5月訪問



 前述のうどんの他、今回も競馬場グルメを堪能したというか、いろいろといただいてきましたので、それらを以下に。

てんぷら 明石屋

たこ 150円
たこ 150円
 園田競馬場の食べ物をネットで検索すると、かなり多くの方が絶賛しているのが、この、明石屋のたこ天。お店は、前述の園田屋さんと同じく正面入場門を入って左手奥の一角にあります。で、確かに、皆さんがおっしゃるだけあって、揚げたての天ぷらは、かなりの美味でした。衣はサクサクで、中の蛸は柔らかく。また、その蛸も足が1本丸々串に刺さっているではなく、一口サイズのが4つ刺さっていたのも食べやすくて良かったです。個人的には、何も付けなくても充分にいけましたが、塩でも醤油でもソースでも合いますね。

ポニー

たこ焼き 300円
たこ焼き 300円
 正面入場門入って右手の一角にあるお店です。それで関東人の感覚からすると8個で300円というのは十分に安いのですが、当地ではどうなんでしょうね?ちなみに、いただいてみるとカリカリというよりフワフワ系の食感で、お味の方はシンプルで懐かしい感じの味がしました。

お好み焼 焼そば 豊房(とよふさ)

牛すじ焼そば 480円
牛すじ焼そば 480円
 こちらは、平成20年に出来たフードコートの真ん中にあるお店。むちっとした麺に、甘味の効いたコテッとしたソースと柔らかい牛スジ肉が絡み、そして青葱がアクセントとなって、まことに結構なお味。個人的にはかなり濃い目に感じましたが、そこがまた良かったりして。(それにしても、米が欲しぃ~!)

東入場門付近の店舗

焼もち 100円
焼もち 100円
 失礼ながらお店の名前は判らないのですが、そこで同行者が購入したもの。 私は食べていないのでどのような味か感想は言えないのですが、同行者によると、「お餅は冷めても柔らかく、砂糖醤油のたれが程良く、5、6本はいける程美味しい。」とのことです。

 そんなわけで、いろいろと堪能させていただいたのですが、こちらも名物と言われるホルモン系の諸々もいただいていないですし、スタンドにあるシブいレストランや、ほかにも、まだまだいただきたい物はあったりして。なので是非とももう一度、行きたいですねぇ。あらためて、ごちそうさまでした。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 13 15
17 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ