たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県下都賀郡大平町 森田屋 大平支店

 この日、宇都宮で朝イチ、そして午後からと用事があったのですが、その間の時間つぶしと昼食を兼ね、普段あまりお伺いすることのできない県南のほうのお店に足をのばすことにしました。でも、佐野のまで行ってしまうと、微妙に遠いというか時間的に余裕がない気がしたので、大平町のこちらのお店へ。(まあ、ここまで来たら、佐野市街まで行ってもそんなに変わらない気がしないでもないんですが…。)ちなみに森田屋さんといえば佐野ラーメンの有名店で、そちらで修行されたご主人がのれん分けしてこちらのお店を出されたとのこと。それにしても、佐野系のお店にお伺いするのって、ずいぶんとしばらくぶりですなぁ。

 お店には、開店時間の午前11時ちょうどに到着したのですが、既に駐車場には開店待ちとおぼしきクルマが何台か停まっていました。早速私もそこにクルマを停め、入店。何をいただこうかと壁に掛けられたお品書を見たら、メニューは中華そばとチャーシューメン、それとそれらの大盛り(他に飲み物類)と、シンプル。で、注文は、私が中華そば、同行者がチャーシューメンをお願いしました。(本当はチャーシューメンの大盛でも行きたい気分だったのですが、じつはこの後に予定があったもので…。)

中華そば 550円
中華そば 550円
 開店直後のせいか、あまり待つことなく登場したラーメン(と、チャーシューメン)ですが、まずスープからいただくと、薄く醤油で色づいた、脂のほとんど浮かないスープは、見た目どおり極あっさりしており、塩気は結構効いてるように感じました。何ていうか、非常にシンプルというか、そんな中にも動物系の旨味と醤油の香りを感じる、スパルタンな味とでもいいますか。個人的には喜多方の坂内食堂のラーメンを思い出しました。(あのラーメンに、醤油を加えたような味とでもいうような感じというか。)また麺は、佐野系らしい重層感のある、生地の間に空気を抱き込んだような食感。手切りらしく幅の広い麺と細い麺が混ざっていて、広いのはヌクヌクとした噛み応えで、細いのはスープを含んでピロピロ。この対比が、口の中でなんとも楽しいです。そして具は、チャーシューとメンマ、そして小口切りの白ネギとシンプル。メンマは薄目の味わいがいい塩梅で、白ネギのザクザク感と揮発性の香りがシンプルなラーメンとよく合っていると思うのですが、その中でも特にチャーシューが、醤油の風味が香ばしく、脂身はプリプリ肉はサクサクの食感で、肉の旨味を感じられる絶品かと。それにしても、これは美味しいらーめんですねぇ。また、途中から卓上のコショウを振り入れてみたところ、これがまたバッチリというか。元のラーメンがシンプルなだけに、コショウの味が生きますなぁ。

チャーシューメン 700円
チャーシューメン 700円
 あと、同行者のいただいた(というか、比較のため食べて貰った)チャーシューメンは、味見したところチャーシューのコクがスープに移って、中華そばとは若干違う味わいで、こちらも何ともたまらないものがありました。

 というわけで、久しぶりの佐野系ラーメンを堪能したのですが、やっぱり、こういうシンプルなラーメンって、いいですよね。これなら飽きずに、毎日でもいただけるというか。ごちそうさまでした。

平成21年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ