たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 麺 藏藏(ZAZA)

 宇都宮の氷室町に昨年7月にオープンした、麺 藏藏さんです。ちなみに、「藏藏」と書いて「ざざ」と読むそうです。で、そのお店のほうは、国道123号から狭い道を少し入ったところにあり(国道123号に看板が出てます。)、噂には聞いていましたがかなりオシャレな外観。オシャレなのは店内に入っても同様で、オープンキッチンの店内は、ちょっとラーメン屋さんっぽくない感じも。店員さんにカウンターに案内され、注文を訊かれたので、味付け玉子の入った『みそたまご』を平日ランチタイムサービスの子めし付きでと、『ぎょうざ』もお願いしました。

みそたまご 850円
ぎょうざ 250円 (と平日のランチタイムにサービスで付く 子めし)  
ぎょうざ 250円 (と平日のランチタイムにサービスで付く 子めし)
ぎょうざ 250円 (と平日のランチタイムにサービスで付く 子めし)
 注文を受けると、目の前で調理開始。野菜を炒めたりするいい音が聞こえてきます。それを行う店主さんの無駄のない鍋捌きに見とれつつ待っていると、あっという間に完成。ラーメンの入った器も凝った形をしてますね。それでまずはスープを一口いただくと、ベースは炒め野菜の旨味とラードとニンニクが効いたいわゆる札幌の味噌ラーメンといった感じなのですが、味噌はスパイシーかつまろやかだし、スープ自体も動物系の旨味の他に魚系の香りや味が感じられ、食べ進むうちに唐辛子がピリっと効いてくる奥深い味で、個人的にはかなり進化した札幌の味噌ラーメンといった感じを受けました。また、それに合わせる麺は、札幌の有名店でも使われる『さがみ屋製麺』製の玉子麺とのこと。確かに、札幌ラーメンっぽい、縮れのついた、加水率低めというか充分に寝かせたっぽいソリッドな食感の中太麺です。そして具は、炒め野菜(モヤシやタマネギなど)の他、チャーシュー、白髪ネギ、青ネギと、味付け玉子。特に味付け玉子は、半熟具合と味加減が絶妙です。それと一緒にいただいたぎょうざは、250円という値段からすれば、とても立派というか、コストパフォーマンス高いですね。焦げ目がパリっとした薄い皮に、噛めば汁がしたたるジューシーさ。 餡はお肉が結構入っているようですが、あっさりした味に仕上がっていて、ラーメンにも、サービスの子めしにも合っています。そして最後は、残った子めしに残った汁をかけていただけば、これもまたバッチリ合っていて、お腹も満足でございます。

 というわけで、美味しい味噌ラーメンと餃子を堪能させていただいたのですが、それにしても、これだけの味噌ラーメンが、本場札幌より安いお値段(こちらのノーマルな味噌ラーメンは750円でいただけますが、先日お伺いした札幌では800~850円しました。)でいただけるなんて、栃木っていいところだなぁ、なんて思ったり。ごちそうさまでした。

平成21年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ