たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県下都賀郡大平町 ラーメン処 小三郎

 今回大平町まで来た目的は、前の記事であげたお店だったのですが、その途中というか、そのすぐ近くにこちらのお店を発見!「小三郎といえば、佐野の有名店(おぐら屋)で修行した店主が独立したところで、『しょうがらーめん』が有名」というくらいの予備知識はあり、是非一度いただいてみたいと思っていたので、急遽、連食でおうかがいすることにしました。

 お店には午前11時20分頃到着しましたが、店内はテーブルや座敷を中心にほぼ満席。ただ、カウンターは空いていたので、そこに案内されました。で、いただくは有名なしょうがらーめんなのですが、周りのお客さんが皆注文しているのを聞いて、ついぎょうざも一緒に頼んでしまいました。(連食なのに…。)

ぎょうざ 399円
ぎょうざ 399円
 注文すると、まずレンゲと小皿(餃子用?)が登場し、そして程なくしてまずはぎょうざが登場。混雑しているのにもかかわらず、ものすごく早いですね。で、そのぎょうざはかなりのジャンボサイズです。(1コ約50gとのこと。)とりあえず何も付けずにかぶりつけば、厚めの皮はモチモチのカリカリ。キャベツやニラなど野菜中心の餡はしっとりとしており、ニンニクが結構強めに感じました。また、餡にはうっすらと味が付けられており、そのままでも充分にいただけますね。

しょうがらーめん 682円
しょうがらーめん 682円
 さらに程なくしてしょうがらーめんが登場。スープがこぼれているトレーごと提供されるのは、こちらのお店が常に混雑している証拠でしょうか。で、そのしょうがらーめん。まず最初に、上に載るタレで和えられたショウガを混ぜないようにしてスープをいただくと、透明に近い見た目に反して、ハッキリとした旨味が感じられました。それと、まだショウガを混ぜていない今の段階でも、生のショウガの爽やかな風味が感じられます。そしてショウガを混ぜてみると、一気にショウガワールドというか。ただ、先程感じた強めの旨味のせいか、ショウガの風味や辛味にもスープが負けず、旨い具合になってますね。そしてシコシコっとした食感の中細麺は手打ちとのことですが、先程いただいた森田屋大平支店さんと違い、ソリッドな食感。それと具は、脂がそぎ落とされた@状の柔らかいチャーシューと、ナルト、メンマ、白ネギです。

 というわけで、連食にもかかわらず、しょうがらーめんとぎょうざを堪能。連食、そしてぎょうざまでいただいたおかげで、さすがに最後のほうはちょっと苦しくなりましたが、ショウガの風味で無事完食することができました。ごちそうさまです。

平成21年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ