たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

静岡県静岡市 北京屋

 今回、所用で静岡県静岡市清水区というところにお伺いしたのですが、例によって、そのついでにラーメンをいただくべく事前にネットで調べたところ、こちらのお店を発見。清水区(旧清水市)では老舗のラーメン屋さんとのことです。

 お店には午後11時30分頃に到着。丁度のれんを出しているところでした。事前に調べた時に知った、期間(秋~春)・数量限定のトッピングであるワンタンをいただくべく早くお店に入りたかった(お昼頃には売り切れてしまうらしい。)のですが、駐車場がわからずしばし辺りウロウロし、結局はお店の方に教えていただいて、お店とは道路を挟んだ反対側の細い道を入ったところにある駐車場にクルマを停め入店すると、店内はほぼ満席。幸いワンタンは残っていたので、チャーシューワンタンメンの大盛(と、同行者のラーメン)をお願いしました。

チャーシューワンタンメン大盛 850円
チャーシューワンタンメン大盛 850円
 で、そのチャーシューワンタンメン大盛ですが、注文してからはさほど待たずに登場。まず最初にスープからいただくと、最初に感じたのは、若干の酸味がある、生醤油っぽい味と香り。スープ表面には油が少々浮き、スープ自体からは動物系などの旨味がそこはかとなく感じられますが、この生醤油っぽい味と香りが、最初から最後まで強く感じられます。また麺は、自家製麺ということですが、白くて真っ直ぐな細麺で、粉の風味が結構強く、加水率が低めなのか噛むとプツっと切れるような食感。そして具のチャーシューは、モモと肩肉でしょうか?さっと煮たような薄ピンクの色合いと噛み応えのある肉肉しい食感で、シンプルかつあっさりした味付け。あとワンタンは、極薄の皮に小振りの餡が包まれていたのですが、これがまたなかなか。それと上に載るネギは青ネギなのですが、ラーメンのネギが白ネギから青ネギに変わるのって、いったいどのあたりなんでしょうかね?

 というわけで、老舗のチャーシューワンタンメンをいただいたのですが、何ていうか、最近のコッテコテに凝ったラーメンの対極というか、とってもシンプルな味に感じました。きっとこの辺りでは、昔から中華そばといえば、この味なんでしょうね。ごちそうさまでした。

同行者がいただいた ラーメン 500円
ラーメン 500円

平成21年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ