たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 ふうふう亭

 実はこの数日前、ネットでこちらのお店が夏季限定で出しているつけ麺のことを知り、どうしてもいただきたくなって黒磯までお伺い。

辛味噌つけ麺 700円 + 麺100g(合計300g) 70円
辛味噌つけ麺+麺100g(合計300g)
 それがこの辛味噌つけ麺(と、相方がいただいた味噌つけ麺)。まずは麺ですが、このところのふうふう亭さんでお馴染みとなった、つけ麺用の太平打ち麺。小麦の風味が豊かで、ツルっとした啜り心地とモチっとした食感をを併せ持った麺だと思います。そして付け汁ですが、これがまた!お品書きに-つけスープ2001復刻版-と書かれていたのですが、その当時の味ということですかね?個人的にこちらのお店に通うようになったのは、確か2002年頃からだったのですが、その当時にいただいた味噌系のラーメンの味を思い出したというか。その頃は今と較べ、全体的に味噌のエッジが立っていて、それにショウガと、ピリ辛だったら唐辛子のキレが加わって、背脂の甘さでマイルドにしていたような、そんな構成だったかと。そこから極めてまろやかで奥深い方向に進化してきた、今の味も良いと思うのですが、自分がこちらの味噌系の味にハマるきっかけとなった、エッジの効いたこんな味も悪くないというか、むしろ大好きかもしれません。で、ここで麺をつい300gにしたことが悔やまれたというか、麺300gでもすぐに食べ切れる美味しさだったのですが、この付け汁なら、絶対にライス投入もイケたと思うんですよ。なので割りスープをお願いする時、一緒に小ライスを追加オーダーしようと思ったのですが、腹具合からここは泣く泣く我慢したというか。

味噌つけ麺 680円
味噌つけ麺
 こちらは前述のとおり、相方がいただいたもの。例によってちょっとだけ味見さて貰ったのですが、こちらも味噌のエッジが立った付け汁でした。こっちも、ライス投入すると旨いだろうなぁ。

 というわけで、どちらもとても美味しくいただいたのですが、このメニューが有るうち(もっとも、秋以降は裏メニューで提供とお品書きに書いてありましたが)に、是非とももう一度お伺いしていただきたいですね。でもってその時は、今度こそ付け汁にライス投入でいってみたいと思います。ごちそうさまでした。

平成25年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ