たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島競馬場訪問記 【平成29年7月2日・第66回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)他】

福島競馬場正面

 毎開催一度はお伺いしているJRAの福島競馬場。その際、重賞のない土曜日にお伺いする事が多いのですが、この夏開催は珍しく、開催2日目の日曜日、重賞(GⅢ)ラジオNIKKEI賞が行われる日にお伺いする事に。

 で、今回の記事もイベントや競馬場グルメを中心に簡単に書きましたので、福島競馬場そのものについては、昨年春開催の際に書いた記事その1その2をご笑覧ください。

※ また、他の競馬場や、それ以外の過去に福島競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


福島競馬場まで

 このところJRAの競馬場には重賞のない土曜日にお伺いする事が多かったので、ネット予約の指定席も先着順で取る事が出来たのですが、さすがにこの日は重賞開催日ということで抽選販売になっていました。で、この日にお伺いする事に決まったのがわりと急だったので、JRAカード会員先行販売分の受付は既に終わっており、一般販売分での抽選申込となったのですが、無事その抽選を突破。もっとも、抽選に落ちたら落ちたで、当日販売の指定席を目当てに、久しぶりの早朝出発をしようと思っていたんですがね。っていうか、ネット予約の開始以来、福島競馬場ではそればかり利用していたものだから、整理券もらってから場内でそばでもいただきつつ発売待ちというとてもワクワクする楽しい時間を、久しく過ごしていないなぁ、と。

【東北自動車道北上中】
東北自動車道北上中
 と、前置きが長くなってしまいましたが指定席は確保できたものの重賞開催日かつこの日はフリーパスの日(通常100円の入場料が無料)とあって駐車場が心配だったので、いつもよりも約30分早い午前6時過ぎに自宅を出発。最寄りのインターチェンジから東北自動車道に乗り、福島西ICまで。あとは国道4号などを通ってといういつものルートで競馬場に向かったのですが、今回はものすごく順調に進み、午前8時前には到着。お陰で中央口前の第1駐車場に、余裕で停めることができました。

【中央口に吸い込まれる入場列】
中央口に吸い込まれる入場列
【中央口横の看板】
中央口横の看板
【入口付近の風鈴】
入口付近の風鈴
 あとは開場までクルマの中で待機。で、いつものように午前8時50分ころ駐車場から出ると、通常は午前9時の開場がこの日は若干早まったらしく、中央口に出来ていた行列がどんどん吸い込まれているではありませんか。もっともこちらは、席は確保してあるので、いつものように馬頭観音様にお参りした後、ポニーのお出迎えを受け入場。夏開催らしく、入口付近には風鈴が沢山つり下げられていました。

場内でのいろいろ

【今回の席(4階B指定席100a-ア)からの眺め】
今回の席(4階B指定席100a-ア)からの眺め
 指定席を引き替えたあとは、いつものように飲み食いしつつ馬券を買いつつ最終レースまで。で、飲み食いしたものについては後述するとして、ここでは場内でのいろいろを。

【来場記念品のマイクロファイバークロス】
来場記念品のマイクロファイバークロス
 この日がフリーパスの日というのは前述のとおりなのですが、それに加えて来場記念品もありました。

【82式指揮通信車】
82式指揮通信車
【軽装甲機動車】
軽装甲機動車
【3 1/2 tトラック】
3 1/2 tトラック
【1 t 水タンク】
1 t 水タンク
【1/2 tトラック】
1/2 tトラック
 この日のメインレース、第66回ラジオNIKKEI賞のファンファーレ生演奏の為、陸上自衛隊東北方面音楽隊の皆様が来場されていたのですが、加えて馬場内広場では主要装備品の展示も行われていました。で、この中で個人的に思い入れがあるのが1t水タンク。東日本大震災の後、我が家は水道が暫く不通だったのですが、その際には他自治体から派遣された給水車と共に、大変お世話になりました。あと、話は大きくなりますが、自衛隊の皆様が常に日本を守ってくださっているお陰で、私たちは競馬に興じていられるんですよね。ほんと、感謝しかございません。

【アンガールズお笑いステージの案内】
アンガールズお笑いステージの案内
 この日は第4レース終了後にアンガールズさんのお笑いステージがありました。で、私自身、朝からここまで当たりが無く全く笑えない状態だったのがとても勿体なかったのですが、そういうこともあって、(全員が全員笑う為に来ていない)競馬場で笑いを取るって、かなり難易度高いことなんだなぁ、と実感するステージだったというか。

【ターフビジョンとプレゼントのトヨタ・ヴィッツ】
ターフビジョンとプレゼントのトヨタ・ヴィッツ
 今開催、福島競馬場開場プレ100周年特別企画として、トヨタ・ヴィッツが当たるキャンペーンが行われていました。(こういうのに一度で良いから当たってみたいものです。)

第66回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)

【第66回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)のスタート】
第66回ラジオNIKKEI賞(GⅢ)のスタート
 前述のとおり、この日のメインレースは3歳馬限定の重賞(GⅢ)第66回ラジオNIKKEI賞(芝・1800m)。個人的にこのラジオNIKKEI賞が、福島競馬場で施行されている重賞競走の中で間違いなく(現地で)見た事が無かったというのが今日訪問した一番の理由だったりします。で、レースの方は2番人気だったセダブリランテス号が先行策から最後の直線抜け出して勝利。鞍上の石川裕紀人騎手はデビュー4年目で初重賞制覇となりました。で、2着には逃げた人気薄(8番人気)のウインガナドル号、そして3着には最後に追い込んできたこちらも人気薄(9番人気)のロードリベラル号が入り、三連複34,600円、三連単156,510円と結構な高配当での決着となったのですが、個人的な予想だと勝馬には重い印を打っていたものの、2着馬と3着馬はノーマーク…。初めて現地観戦したラジオNIKKEI賞は何ともアレな結果となってしまいました。

競馬場グルメ

【グルメスタンプラリーのパンフレット兼台紙】
グルメスタンプラリーのパンフレット兼台紙
 毎回というかどこに行っても楽しみな競馬場グルメ。この日は、福島競馬場恒例の週替わりフードフェアに加え、夏開催期間中はグルメスタンプラリーも行われていたので、いつも以上にいただいてしまったというか。

夏の週替わりフードフェア 会津ウィーク

 福島競馬場恒例の馬場内広場キッチンカーによる週替わりフードフェアですが、夏開催期間中は会津、県北、県中、いわきと、福島県内のご当地グルメを回るという感じで。で、第1週目のこの日は会津ウィークとなっていました。

【元祖カレー焼きそば 600円 (トミーフード)】
元祖カレー焼きそば 600円 (トミーフード)
 まずいただいたのは、個人的に今回一番の楽しみだったこちらの品。「1975年創業当時の味」とPOPに書いてあったのですが、このトミーフードさんが食堂で提供したのがはじまりだそうで。で、(写真だとよくわからないのですが、)ソース焼きそばの上に、挽肉の入ったカレールーがわりとたっぷりとかかっていて、これらのコンビネーションがまた!とてもわかりやすい美味しさですが、個人的には思いついた人を尊敬してしまいますね。ちなみにこちらは馬場内広場でいただいたのですが、一緒にいただいた後述する福島路ビールが進みすぎ、1杯じゃ済まなくなってしまったという。

【ベーコンチーズ串 300円、会津地鶏ささみ串 300円、会津産豚串 200円、アスパラ1本揚げ 300円(元祖会津ソース串かつ 串鶴)】
ベーコンチーズ串 300円、会津地鶏ささみ串 300円、会津産豚串 200円、アスパラ1本揚げ 300円(元祖会津ソース串かつ 串鶴)
 こちらは、会津産の豚肉や鶏肉を使用した串カツ屋さん。ちなみにアスパラは、ディスプレイされている時はまるまる1本のままになっていたのですが、注文すると食べやすいよう3等分して串に刺してくれました。で、同行の家人とシェアしつついただいたのですが、どの品もサクっと揚がっていて美味。ソースの味加減も程よく、これもビールが進みすぎますね。実はこのちょっと前から個人的事情により揚げ物を控えていたのですが、これはその禁を犯しいただいて良かったです。

【紅しょうがぶっかけたこ焼き 500円(元祖会津ふわとろたこ焼き たこ福)】
紅しょうがぶっかけたこ焼き 500円(元祖会津ふわとろたこ焼き たこ福)
 こちらは、以前にもいただいた事がある業者さんなのですが、その時とは別のこちらを。POPに「紅しょうが好きのあなたのためにご用意しました」と書かれていたのですが、個人的に紅しょうが好きなので「わざわざありがとうございます」という感じで。で、お味の方ですが、「辛味の少ない高級な紅生姜」を使用しているというだけあり、サッパリ感を強調する方向に効いていて、これがまた。またマヨネーズとソースが惜しみなくかかっていているのも良かったです。

【ハンバーガー とろけるチーズ 550円 (STAND:TRIGGER)】
ハンバーガー とろけるチーズ 550円 (STAND:TRIGGER)
 こちらは、家人がメインでいただいたもの。会津産小麦使用のバンズ使用という事で、無理矢理この日に持ってこられた感もあるのですが、それ以外も福島県産の素材を使用しているとのことです。で、例によって味見させて貰ったのですが、これが何ともベーシックな美味しさ。実はこちらも以前いただいた事がある業者さんで、その時はホットドッグだったのですが、その時も同じように感じた記憶があります。ちなみに同行者も「ちゃんとしたハンバーガーの味がして美味しい!」と申しておりました。

みちのく 福島路ビール (馬場内広場)

【ピルスナー(レギュラー) 500円】
ピルスナー(レギュラー) 500円
【デュンケル(レギュラー) 500円】
デュンケル(レギュラー) 500円
 毎度の楽しみとなっている福島路ビールさん。グルメスタンプラリー対象だったかと。で、今回も何をいただこうか迷ったのですが、結局はベーシック寄りのこの2杯を。で、ピルスナーは苦味スッキリ、デュンケルはコクと旨味が良い感じ。ほんと、何時飲んでも旨いです。

【カルピス 200円】
カルピスソーダ 150円
 こちらは、同行者がいただいたもの。それにしても、こちらのお店でソフトドリンクを購入したのは初めてだったかもしれません。

鳥ぎん (スタンド1階 ファーストフードプラザ)

【もつ煮 410円】
もつ煮 410円
 定番品では、毎回いただくこちらのもつ煮。グルメスタンプラリー対象品になっていました。で、味噌、モツ、大根の三位一体は、もう、普遍的と言って良いくらいかと。今回も美味しかった!

肉の上杉 (スタンド1階 ファーストフードプラザ)

【米沢牛コロッケ 250円】
米沢牛コロッケ 250円
 今回いただいた定番品その2かつグルメスタンプラリー対象品。間違いなく美味しいのですが、コロッケ、特にどこぞのようにコショウが効いていたり、じゃが芋がわざと荒くつぶしてあるわけでもなかったりするこちらのような品って、その美味しさを伝えるのが難しい料理の一つだなぁ、と。しいて言えば、牛脂のコクが良い感じという感じでしょうか。

勝鶏どんどん (スタンド1階 ファーストフードプラザ)

【勝丼 700円】
勝丼 700円
 こちらは、家人がいただいたもの。いわゆるカツ丼で、「美味しかった。」とのことです。

アスコット (スタンド4階 指定席エリア内)

【生ビール 410円】
生ビール 410円
【チュウハイ(レモン) 420円】
チュウハイ(レモン) 420円
 自席で何かいただく際、いつもお世話になっているアスコットさん。今回も生ビールからのレモンサワーといういつものコンボで。

バッカス (スタンド4階 指定席エリア内)

【桃のハイボール 420円】
桃のハイボール 420円
 実は、お店の名前を知ってから利用するのは初めてだったりするのですが、こちらではグルメスタンプラリーの対象商品であるこちらの品を。で、桃の効き加減が強すぎず弱すぎず何とも良い感じ。個人的にハイボールも好きな事もあり、スタンプラリー2セット達成に大いに貢献した品となりました。

戦い済んで

 それで今回も、いつものように飲み食いしつつ、いつものように予想して勝負していた筈なのですが、肝心の馬券成績が、個人的に競馬場に来て勝負した中では最低になってしまったという。(10数レース購入して当たり馬券が僅か2枚。しかも、どちらも低配当…。)良い日もあれば悪い日もあるのがギャンブルなのですが、この日は悪すぎというか、もし次もこんな感じであれば、今後、競馬を趣味に出来なくなってしまうほどの駄目さ加減でした。

【陸上自衛隊東北方面音楽隊演奏会withフラッグ隊】
陸上自衛隊東北方面音楽隊演奏会withフラッグ隊
 そんな切なさを慰めてくれたのが、最終レース終了後にパドックで行われた、メインレースで生ファンあーれを披露した陸上自衛隊東北方面音楽隊の演奏会。昨年大ヒットした映画の「前前前世」から始まって、ポピュラーな曲からブラスバンドというか軍楽隊では定番のマーチまで。途中、フラッグ隊も加わり賑やかになり、最後のアンコールまで堪能させていただいたのですが、演奏が良い故に、「もっとちゃんとした精神状態で聴きたかった…。」という思いも。また途中から元気になってきたのか、自分の馬券成績のふがいなさに怒りがこみ上げてきたというか。

 ほんと、このままじゃ終われないんです。何が何でもリベンジしてやるっ!!

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
3 5 7
9 11 13 15
17 19 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ