たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 鶏そば HIBARI

 今回は、個人的に宿題になっているお店シリーズ。で、こちらは、4年くらい?前にオープンして以来、ネットメディアの記事や個人ブログでも拝見し、さらには同僚などからも「美味しいよ」という話を聞いていたのですが、これまでお伺いする事が出来ずにいたお店です。

 で、この日、最近では珍しく宇都宮市街地に所用が出来たので、そのついでにお伺いすることに。お昼を少々回った頃に到着したのですが、さすがは評判のお店。店頭には何組かのウエイティングがありました。もっとも、回転もわりと早めなので、10分少々でカウンターというか大きなテーブル席にご案内となりました。

鶏そば 800円 + 味玉 100円
鶏そば 800円 + 味玉 100円
 それで注文は、こちらのお店の基本と思われた鶏そばに、味玉を追加して。注文から10分少々で登場したのですが、見た目からしてインスタ映えする(もっとも、個人的にインスタグラムはやっておりませんが。)というか、具の配置や彩りなどからして凝った感じがしますね。で、早速、スープからいってみたところ、若干トロッとした舌触りで、そこから連想されるとおり、「鷄」の味が濃厚なのですが、濃口一辺倒では無いスムーズさも完備。濃厚鶏白湯にありがちなワイルドな匂いは皆無で、鶏の旨味だけを抽出したようにも感じられます。しかも、味加減もしっかりキマっていて、これは相当レベルが高いと感じました。また麺は、中細という感じの太さ。歯を入れるとムチっとした食感で、濃厚なスープに合わせるため若干重たい感じの動きにチューンしているように思えます。そして具のチャーシューは、今流行の低温調理されたものでしょうか、しっとり柔らかくかつ適度な歯応えもあり、味付けは素材の味を生かす為かラーメン自体の邪魔しないためか薄め。あと、上に載った揚げネギが良いアクセントになっていて、更に、卓上の味変アイテムでは、柚子の果汁?がさっぱり感と良い香りを加えとても良かったです。

 というわけで、大変美味しくいただきました。個人的にここ暫く前から宇都宮市内に来る事が減っている事もあり、気軽に再訪できないのは残念なのですが、またいつかお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

平成29年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ