たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 手打ち 小峰屋

 この日は、新規開拓というか、相方と初めてのお店にお伺いしてみようということになり、大田原市にあるこちらのお店へ。それにしても、遠目からよくわかるようになっていますね。

お新香(サービス)
お新香(サービス)
 で、お店に到着したのはお昼の少々前。駐車場はわりと埋まり気味でしたが、和風にウッディーで広い店内は、ピークはこれからという感じがありました。注文は食券制なので、後述する品々のものを購入。面白い形状のカウンターに着席し、店員さんに食券を提出。すると、程なくしてサービスのお新香が登場しました。で、良い塩梅のそれをつまみながら待つ間に周りを見るとはなしに見ていたのですが、カウンター上には胡椒、餃子用と思しき醤油とお酢とラー油の他、ラーメン用のタレがあるのが珍しく感じいなぁ、と。その後ちょっとだけ待って、お願いした品々が到着しました。

醤油チャーシューワンタン 1000円
醤油チャーシューワンタン 1000円
 こちらが私がいただいた品。早速スープからいってみたところ、ベースは何の出汁でしょうか?甘味にすら感じる旨味がちゃんと感じられ、そこに濃口醤油はさほど主張せず塩分も若干控えめに感じました。これは、卓上のタレで調整する前提のチューニングですかね。ちなみにそのタレ、ごく少量をレンゲに載せて味見したところ、チャーシューっぽい旨味というかまろみが感じられたので、その煮汁も使われているのでしょうか?(今回疑問系ばかりで申し訳ない。)また麺は、食感が最初のプリムチっとしたものからいただいているうちにチュルモチへと変わっていくという感じ。全体的には若干ですが柔らかい印象もあって、それがこちらのお店の個性ですかね。そして具は、メインのチャーシューが炙りの入ったバラ肉の物と、若干硬質というかプリっとした食感のスモーキーな物の2種類。あとワンタンは、かなり柔らかめで、餡は生姜風味が効いているような。メンマは薄味で柔らかく、このテのラーメンではワカメが珍しく感じました。

醤油ラーメン 650円
醤油ラーメン 650円
 こちらは、同行者がいただいた品。こちらのお店のスタンダードなラーメンということになるのでしょうか。で、味的には私がいただいたものと変わらない筈なのですが、具材の違いのせいかはたまた気のせいか、若干醤油がストレートに感じました。

餃子5ヶ 350円
餃子5ヶ 350円
 こちらは、一緒にいただいたもの。羽付きというのにまずはちょっと驚いたのですが、餃子本体はベーシックでとても安心していただける味というか。

 というわけで、どれも美味しくいただいたのですが、全体的に丁寧に作ろうとしている感があり、更にはまだ伸び代もあるように感じるところも。相方にも好評だったので、今後もこちらのお店にはお伺いさせていただこうかと思います。ごちそうさまでした。

平成29年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
2 4
6 8 10
12 14 18
20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ