たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

福島競馬場訪問記 【平成27年7月4日・テレビユー福島賞(3歳以上1600万円以下)他】

メインレース最後の直線

 今年、勝手に掲げる我が家の目標の一つに、「福島競馬場の春・夏・秋開催に必ず行く」というのがあるのですが、7月に入り、個人的にも好きな夏競馬が開幕すると共に、福島競馬場での開催が始まりました。それで今回は、前の記事でも書いたとおり、その開催初日にお伺いすることが出来ました。

※ 他の競馬場や、過去に福島競馬場を訪れた時の記録については、こちらの記事(というかカテゴリ)に一覧がございますので、よろしければ。


実際に行ってみる

 今回も前回同様、ネット申込で指定席を事前にゲット。ただ、コンセントの有る席で事前予約できるのが5階のC指定席しかないので、前回同様そうなりましたが。あと、前回お伺いした時は、「宿代と夕飯代と交通費分くらい勝ったら、仙台あたりに一泊して翌日は岩手競馬行くぞ!」なんて思っていた(けどもそんなに勝てなかったので翌日はおとなしく自宅にてネット投票の馬券買いました…。)のですが、今回はこの前日に東京に行き、そして翌々週には北海道旅行が決まっていたのでもし勝ったとしても自重することに。

【雨の福島競馬場付近】
雨の福島競馬場付近
 それで小雨のぱらつく中、前回同様の午前6時半頃自宅を出発。最寄りICから東北道に乗り、福島西ICで降り、あとは一般道といういつものルートですが、前回よりもちょっとだけ余計に時間が掛かり約2時間午前8時半頃、中央口前の第1駐車場に到着したのですが、残念ながら福島も雨が降っていました。

【「福が満開、福のしま。」】
「福が満開、福のしま。」
【競馬場内に吊された七夕飾り】
競馬場内に吊された七夕飾り
 午前9時の開門と同時に入場。そういえば、入口のところに掲げられた「福が満開、福のしま。」って、確か春開催の時にも掲げられていましたが、平成27年4月~6月に行われた観光キャンペーンのキャッチコピーなんですね。あと、競馬場内には七夕飾りが吊されていて、さすが七夕賞(G3)が行われる開催だなぁ、と。

【馬場内のローズガーデン】
馬場内のローズガーデン
【ローズガーデンから見た障害コースのバンケット】
ローズガーデンから見た障害コースのバンケット
 入場する頃には雨も小止みになったので、後述する福島路ビールを飲みに行くのに合わせ、馬場内広場の散策を。昔というか震災前は、今よりも賑やかだった記憶があるのですが、現在ターフビジョンの裏手は、小さなバラ園っぽく整備されていて、色とりどりの綺麗な花が咲いていました。天気が分ければ最高だったんですがね。

【自席からの眺め】
自席からの眺め
 先述のとおり、今回も席はスタンド5階のC指定席。午前中、馬場内広場を散策した以外は一日中ここで勝負していました。それにしても、最近福島競馬場に来ても、昔みたいに用も無いのにあちこち歩き回らなくなったなぁ、と。

競馬場グルメ

 今回も一日かけて、色々といただいてきましたので、それを時系列順に。(前の記事と内容が一部被るのはご容赦を。)

花月寿 (1階 ファーストフードプラザ)

 個人的にいつもいただく朝食のそば。今回は花月寿さんで。それで今回気が付いたのですが、こちらのお店、いつの間にかメニューが増えていたというか、とんかつ(620円)、肉あんかけ(520円)、会津まんじゅう天(520円)、から揚げ(520円)、焼き肉(520円)って、ものによってはだいぶ攻めた感じの品も。

【カレー南蛮 420円】
カレー南蛮 420円
 でもいただいたのは、それらではなくこちらの品に。メニューにカレーライスがないので、「ひょっとしたら、個人的に好きな、つゆがカレー味になっているタイプか」と期待したものの、かけそばにカレールーを掛けたものでした。それでも、ある意味食べ慣れたタイプで、元のかけそばもカレールーも悪くない、ゆえにのカレー南蛮の味も悪くない、というか。

【焼きおにぎり 100円】
焼きおにぎり 100円
 こちらは、同行者がいただいたもの。名前のとおりの品で、特に変わったところはないそうで。

みちのく 福島路ビール (馬場内広場)

 毎回いただくこちらのお店。いろいろなビールや、それに合うつまみがいただけるのですが、今回は、こんなものをいただいてみました。

【林檎のラガー 510円】
林檎のラガー 510円
 最初にいただいたのがこちら。ほのかな林檎の甘みがホップの苦味と相まって、とても爽やかな印象。個人的に、フルーツフレーバーのビールって、これまであまりピンと来たものが無かったのですが、これはとっても美味しいですね。

【ピーチエール 510円】
ピーチエール 510円
 次にいただいたのがこちらなのですが、桃の香りをはじめ、全体的にとても華やかな印象。また甘味はこちらも良い感じに抑えめ。こちらも美味しいですね。

【くんたま (確か)100円】
くんたま (確か)100円
 こちらは、一緒にいただいたもの。カウンター上にはパック入りのもありますが、バラ売りもしています。値段をメモするのを忘れましたが、確か1つ100円だったかと。(間違っていたら申し訳ない。)で、芯まで味とスモーキーな風味がちゃんと染み、ビールのアテに何とも良い感じでした。

鳥ぎん (1階 ファーストフードプラザ)

 こちらのお店も毎回いただいていております。

【もつ煮 410円】
もつ煮 410円
 で、いただくのが、この品ばかりなので、いちいち記事にするのも申し訳ないというか。でも、旨いんだから仕方ないというか、味噌ベースの味付けに、トロっと柔らかいモツ、そして芯まで味の染みた大根をはじめとする野菜類が、もう。

肉の上杉 (1階 ファーストフードプラザ)

 こちらは、前回もお世話になった米沢牛推しのお店。

【牛タン串焼き 550円 と 米沢牛コロッケ 250円(1個)】
牛タン串焼き 550円 と 米沢牛コロッケ 250円(1個)
 それで前回は焼きそばとか丼の炭水化物だったのですが、今回は酒のつまみ的なものを。それで牛タン串焼きは、冷めやすいのが玉に瑕で、席まで持って来る間にわりと歯応えの増した感がありますが、お肉ジューシー。そしてコロッケは、絶対に間違いが無いというか。どちらもつまみとして優秀で、後述するお酒がはか行ってしまいました。

アスコット (5階 指定席エリア内)

 5階の指定席エリア内にある売店がこちら。お弁当各種に枝豆やお新香、乾き物などちょっとしたおつまみ類。そしてソフト、ハード両方のドリンク類各種という一般的な売店かと。このところ5階のC指定席が続いているので、実は毎回お世話になっているというか。

【酎ハイ(レモンサワー) 420円】
酎ハイ(レモンサワー) 420円
 で、今回は、帰りの運転を相方が引き受けてくれるというので、競馬場で心ゆくまで飲むことが出来たのですが、こちらで売っているこのレモンサワーが一番購入したかも。あと、写真はありませんが、同サイズの生ビールは410円となっています。

勝鶏どんどん (1階 ファーストフードプラザ)

 1階のファーストフードプラザに戻ってこちらのお店。

【伊達鶏そぼろ丼 700円】
伊達鶏そぼろ丼 700円
 こちらの品は、私がもつ煮や牛タン、コロッケをつまみに飲んでる間に、同行者がいただいたもの。実はこちらのお店の「特製天丼」という品が、相方も私も好きだったのですが、カウンター上のお品書きから消えていたので替わりに購入した品だったりして。で、ちょっとだけ味見させてもらったのですが、そぼろはかなり濃いめの味付けでご飯が進み、それとつくねはお酒にも合うんじゃないかな、と。それにしても、もし特製天丼が正式にメニューから消えたとしたら、これは大変寂しいことだなぁ、と。(11月8日追記。昨日、福島競馬場を訪れた際にお店の方に確認したところ、特製天丼、もうやってないそうで…。)

STAND:TRIGGER (馬場内広場 ※キッチンカー)

 開催時の福島競馬場内馬場には、毎回色々なキッチンカーが来ているのですが、こちらは今回来ていたうちの1台。「アメリカナイズなホットドッグ」やフライドポテト、メンチカツやジャンボフランクが、ソフトドリンクやキリンのハートランドビールと共に売られていました。で、個人的には、飲んでいたら小腹が空いたので、最後の〆的にいただいたというか。

【ホットドッグ(プレーン) 350円】
ホットドッグ(プレーン) 350円
 (サルサソースやタルタルソース、チーズをトッピングしたものもありましたが、あえていただいた)プレーンだと、バンズにソーセージのみを挟んだだけという、シンプル極まりない品。ですが、バンズは表面の焼かれた部分のはしなっ強いけど中はフカフカ、あとパンの香りがなんとも良い感じで、ソーセージはプリサクジューシーという、シンプルイズベストとでもいうべき品でした。

【ハートランドビール 500円】
ハートランドビール 500円
 個人的にこのキリンのハートランドっていう銘柄って、今から四半世紀以上前に『探検レストラン』というグルメ番組内で誕生して(っていうか、この頃って、サッポロのクオリティとかネクストワンとか、あと、今でも残っているサントリーのモルツとか、各社とも麦芽100%ビールを出し始めたよなぁ。)、当時はキリン直営のごく一部の決まったお店でしか飲めないというレアなものだったかと。で、その後全国販売が始まったので個人的に結構愛飲していたのですが、いろいろあって今は一般小売り向けに瓶ビールでの流通と、一部のお店で樽生が飲めるだけになってしまったという。それでそんなものがいただけるなんてということで、久しぶりにいただいたのですが、やっぱり旨かったです。麦芽100%にしては軽めですが、きっちりとホップの苦みも効いていて、いかにも正統派のビールという味がして良いですね。

戦い済んで

【福島西ICから高速乗って帰ります】
福島西ICから高速乗って帰ります
 というわけで、福島競馬場での一日を堪能したのですが、馬券成績的にはトータルとしてはちょい負けと、なんとも無念な結果に終わってしまいました。それと、今日はこの春からJRA所属となった、クリストフ・ルメール騎手が福島で騎乗していたのですが、個人的に馴染みのあるローカル競馬場で生ルメールが見られるなんて、なんていうか、時代は変わったなぁ、と実感した次第で。で、次回はもし来られるなら秋開催になるのですが、今度こそはスッキリと大勝したいものです。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
5
8 10 12
15 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 31

アーカイブ

忍者アナライズ