たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 横浜家系ラーメン 喜多見家 大田原店

 先月お伺いしたこちらのお店。その時は腹具合の関係で、カウンター上に掲げられた「ラーメン×ライスは日本の文化です」をいただけなかったのが心残りだったのですが、今回はそれを果たすべく、朝食抜きでお伺いしました。

ラーメン 700円 + のり増し(5枚) 50円 + うずら(5個) 100円
ラーメン 700円 + のり増し(5枚) 50円 + うずら(5個) 100円
ライス 100円
ライス 100円
 そんな訳なので、食券はこんな感じで購入。また、ラーメンは、味濃いめでお願いしました。それで、登場したライスにスープをレンゲで1杯分と、豆板醤をスプーン1杯分、そしてラーメンにニンニクをスプーン1杯分ずつ混ぜたのち、まずはラーメンから。豚のパンチがグイグイと迫ってくるこちらのラーメンには、やっぱりニンニクが良く合いますね。あと、味濃い目にしたのも良かったというか、丁度ライスが欲しくなる濃さです。そしてその後、脂でテカった海苔でライスをくるんでいただけば、もう!!実はこの食べ方、個人的に某家系インスパイアのお店でいただく方法をアレンジしたものなのですが、コッテリとしたラーメンをライスと共にいただく時、間違いのない食べ方だと思っている次第で。あとは、ラーメンもコショウやショウガ、タマネギでカスタマイズしつつ、ライスの方はチャーシュー、ほうれん草、追加のうずらも一緒に海苔で巻いてみたり、最後は残ったスープを残ったライスに掛けてみたりして、存分に堪能いたしました。

味玉塩ラーメン 800円
味玉塩ラーメン 800円
 こちらは、同行者のいただいたもの。例によってちょっとだけ味見させて貰いましたが、塩味だけに、豚の風味がより鮮明迫ってくるというか。同行者も「濃い」と言いながらいただいていました。

 というわけで、とても美味しくいただいたのですが、やっぱり、家系のラーメンとご飯の相性って素晴らしいですね。今回は自分流の方法で堪能しましたが、店内にはこちらのお店流のライスのいただき方も貼ってあったので、今度はそちらも試してみようかと思います。ごちそうさまでした。

平成27年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ