たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 横浜家系ラーメン 喜多見家 大田原店

 確か今年の夏頃、国道4号沿いの、昔ファミリーマートだったところが家系を掲げるラーメン店に変わっていて驚いた覚えがあるのですが、今回ようやくお伺いすることが出来ました。

 それでお店に入り、券売機で食券を購入。その際、カウンター上に「ラーメン×ライスは日本の文化です」と書いてあって非常にそそられたのですが、この時ある理由によってお腹が空いていなかったため、後述する味玉ラーメンの食券だけを購入。ライスについては見送ることにしました。また今回は初めての訪問なので、家系らしく注文を付けられる味の濃さや油の量、麺の固さは全て「普通」でお願いしました。

味玉ラーメン 800円
味玉ラーメン 800円
 で、登場したラーメンにはウズラの卵が載っていたのですが、ということは、家系でも壱六家の系統(壱系)ということになるんですかね?早速スープからいただくと、ふっと豚の香りがして、口当たりはコッテリ濃厚。もう、わかりやすいくらい向こうから攻めて来てくれますね。ただ、味の濃さ「普通」だと、タレの効きは穏やかに感じました。個人的にこのテのラーメンは、ちょっとしょっぱいほうが美味しく感じるので、次回からは濃いめでいこうかと。そして、やや平べったい麺は、ムチもちっとした食感。家系と言えばの酒井製麺とはちょっと違う感じもするのですが、これここれで良い感じです。ちなみに、入口の所に「四之宮商店」と書かれた麺箱が置いてあったのですが、調べてみると神奈川県平塚市の製麺所のようですね。あと具の@チャーシューはトロトロ。わりとたっぷり入るほうれん草はトロトロ一歩手前。追加の味玉は、半熟タイプで強すぎない味加減が良いですね。それと、卓(カウンター)上には、ニンニクをはじめとする薬味類や唐辛子味噌をはじめとする調味料類が豊富に置いてあったのですが、途中で適宜投入したみたところ、ニンニクは当然として、きざみショウガとタマネギがとても良く合って良いですね。

 というわけで美味しくいただいたのですが、実はこの時、他のところで一通り飲んだ後だったので、この感想に少々自信が無いというか。ですが、家系を名乗るコッテリとしたラーメンをいただけるお店が自宅の比較的近所に出来たのはとても嬉しい事ですし、シラフの時にお腹を空かせて必ず再訪したい(その時は、是非ともライスと共に!)と思います。ごちそうさまでした。

平成27年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 13 15
17 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ