たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 中華そば つけ麺 村岡屋

 こちらのお店は、ご存じの方も多いとは思いますが、以前壬生町から宇都宮市に移転した超有名店で修行された方が独立されたお店で、今年(平成21年)5月20日にオープンと同時に評判のお店となり、連日行列ができているそうです。で、私も開店以来気になっていたのですが、7月1日(水)に丁度こちらのほうで用事があり、しからばということで、ついでにお伺いしました。

 お店には、午前11時30分の開店時間から10分くらい過ぎた頃に到着したところ、既に行列ができていて、更に、お店の脇の駐車場は満車。でも、行列している人が親切に第2駐車場を教えてくれ、そこに無事に停めることができました。そして、数えてみると約10人程いる行列の最後尾に付くと、しばらくして(並んでいる間に)注文を訊かれたので、つけ麺と小豚めしをお願い。ちなみに、こちらのお店の主なメニューは、お店の名前どおり中華そばとつけ麺で、それぞれ「特製」と付くのはチャーシューが4枚に増え更に煮卵が追加されるという、修業先のお店と同じようなシステムになっています。また、煮卵は単品で追加可能とのことだったので、それもお願いしました。その後、店内に案内され、テーブル席に相席となり、また少々待った後、お店に着いてから約30分で、つけ麺と小豚めしにご対面となりました。

つけ麺 750円 + 煮卵 100円
つけ麺 750円 + 煮卵 100円
 それで、まずはつけ麺から。まず麺は、四角い断面の太麺。箸で持ち上げるとややゴワッとした感じが。それを見るからに濃厚そうな付け汁に浸けて口に運べば、豚骨と節系の風味や旨味、脂のコッテリ感などが一気に炸裂というか。麺は固めで噛み応えがあり、その食感や麺自体の味が、インパクトの強い付け汁とがっぷり四つという感じがしました。それから、標準で入るチャーシューやメンマ、追加した煮卵(黄身がトロトロでした)も、しっかりとした味付け(だからと言って、味が濃すぎるとかではないです。)ですね。それにしても、インパクトがあるというか、麺も付け汁も具も、自らグイグイと迫ってくるような味付けに感じました。というわけなので、300gあるらしい麺を一気に完食させるだけのパワーがありますね。そして最後は付け汁をスープ割りしていただきホッと一息つきたい所ですが、割りスープで溶き延ばされたにもかかわらず、逆に、今まで隠れていたというか、濃厚さ故に判りづらかった色々な味がグイグイと。

小豚めし 250円
小豚めし 250円
 それと、一緒にいただいた小豚めしは、ご飯の上にコロコロのチャーシューが載っていて、甘めのタレとショウガの風味が効いてました。こちらも味付けは、つけ麺と同じくグイグイと迫ってくる感じがします。

 というわけで、つけ麺と小豚めしを堪能したのですが、味的にも主張がハッキリしていて、また、お腹にもしっかり溜まるというか、満足度高いですねぇ。個人的にはそれらの力強さにちょっと圧倒され気味でしたが、美味しかったです。ごちそうさまでした。

平成21年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ