たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 ふうふう亭

 前回の訪問時には(訪れた日が)寒くていただけなかったこちらの『夏限定メニュー』ですが、今回(平成21年6月27日[土])ようやく。で、その色々ある中から、今回は冷しラーメン醤油味(ちなみに同行者はその塩味+Bセット)と、加えて新しくメニューに加わっていた鶏めしをいただきました。ちなみに、こちらの冷たいラーメンといえば、昨年の夏季限定で『冷たいラーメンセット』というものがありました(あれは美味しかったなぁ。)が、今回はセットではなく、ラーメン単品でメニューに加わっていますね。

鶏めし 315円
鶏めし 315円
 お願いして、待つこと暫しで、まず鶏めしが登場。熱々の鉄の器の上には、焼き飯と鶏チャーシューが載っていますが、店員さんの説明によると、その間に卵が入っているとのこと。とりあえず混ぜていただけば良いらしいので、チャーシューの上からスプーンでつつくと、じわっと卵黄が溢れ出しました。で、混ぜるのもそこそこにしていただいてみると、香ばしいご飯と鶏チャーシューに、この卵黄が絶妙に絡んで、何とも美味しいですなぁ。というわけでこの鶏めし、徹底的に混ぜて卵黄に完全に火を通してしまうより、所々生くらいのほうが、卵黄のコクをより感じられて美味しくいただける気がします。

冷しラーメン醤油味 588円
冷しラーメン醤油味 588円
 その鶏めしをつついていると、メインの冷やしラーメン醤油味が登場。まず気が付いたのは、昨年の冷たいラーメンには無かった自家製のカクテキが載ってること。ちなみにこのカクテキ、大葉を敷いた上に載っていますので、すぐにはスープと混ざらないようになっています。で、まずはスープを一口いただいてみると、冷しラーメンとはいえスープはそれほどキンキンに冷えているわけではなく、昆布や椎茸など植物の干物系ダシの風味がふわっと感じられ、さらに、動物系(地鶏?)and前述の植物系の旨味がじわじわっと。これは、何とも優しい味ですねぇ。カクテキが混ざってもその印象は変わらないというか、カクテキの辛味やスパイシーな感じは加わりますが、それほど尖った味にならず適度にパンチが効く印象です。またカクテキ以外の具は、こちらのあっさり系ラーメンに載っている甘辛く煮たシイタケとニンジン。メンマは極太ですが柔らかく、節粉(一緒に煮た?)がまぶされています。そして、半熟とろ玉(ですよね?)。トロトロの黄身が混ざったところは、また違った味わいになって良いです。そして、茹でてから締められた麺は、ものすごくシコシコ。

同行者がいただいた冷しラーメン塩味 588円
同行者がいただいた冷しラーメン塩味 588円
 Bセット(杏仁豆腐) 294円
冷しラーメン塩味Bセットのサラダ 
Bセットのおにぎり  
Bセットの杏仁豆腐
 また、同行者の塩味も味見させてもらいましたが、こちらは塩味の分、より、スープの風味が強く感じられました。

 そんなわけで、今回も美味しく満足させていただきました。ごちそうさまです。

平成21年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 7 9
12 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

忍者アナライズ