たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 バカうまラーメン 花の季

 前回の記事の際に訪問した翌々日、その時に気になった『つけ麺・男味』を確かめるべく再びお伺い。お店には、開店時間を少しばかり過ぎたあたりに到着。まだ昼時のピーク前なので、店内は空席がありました。そしてカウンターというか長テーブルに案内されると早速注文。すると、提供まで20分ほど掛かると説明されましたが、今日はこれが目的なので全然問題なし。というわけで、少々待つのを覚悟していたところ、注文したタイミングが良かったのか、今回は15分程で提供されました。

つけ麺・男味 800円
つけ麺・男味 800円
 で、その男味ですが、まず見た目で、麺の量に驚かされました。麺量は300gとのことですが、「300gって、こんなに多かったっけ?」と。もっとも、箸を入れてみたところ、麺の下にスノコが敷いてありましたので、ちょっと安心したというか。(あの丼にこみっちら入っていたら、いくら何でも食べきれないです…。) また、麺自体は極太で、かなり手強そうな見た目。そして麺には、茹でたと思われるニラが混ぜ込んであります。それでその麺を箸で摘み付け汁に浸けたところ、とぷっとした抵抗感が。付け汁の濃度は、昨日いただいたつけ麺より、明らかに濃いようです。そして麺を口に入れれば、このところ提供されている花の季つけ麺の付け汁を、塩気以外はうんと濃くしたような力強い付け汁と、極太麺の取り合わせが、何とも『男』な感じ。食べ始めれば後はひたすら、麺を付け汁に浸け、ワシワシと噛みしだいていただくのですが、麺に混ぜ込まれたニラ(結構長め)と、付け汁に入れられたタマネギの微塵切りが発する揮発性の香りが、何ともいいアクセントになってますね。また、具は、付け汁の器に豚バラ肉が2枚程入っていたのですが、これも麺と一緒にワシワシと。それで気が付くと、300gあった麺が、割とあっという間に無くなってしまい、最後はスープ割りまで完飲。

 それにしても、このつけ麺・男味って、見た目からしてガッツリ系のつけ麺の筈が、こちらのお店の店主さんが作ると、カントリー調且つどこか上品な『花の季』テイストなってしまうあたりが、何とも面白かったです。そんなわけで、今回も満足させていただきました。そして、美味かったです。ごちそうさまでした。

平成21年6月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ