たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 バカうまラーメン 花の季

 ここ数年、正月2日の初営業日にお伺いして、この季節限定メニューというかすっかり冬場の定番となった『日光赤おろち』をいただいている花の季さんですが、今年は色々あって2日にはお伺いできなかったものの、赤おろちはしっかりといただいてきました。

日光赤おろち 900円
日光赤おろち 900円
ご飯 160円
ご飯 160円
 それで今年の赤おろちなのですが、昨年のバージョン同様、ラーメンの上には辛子味噌の味噌玉が載っているなど、パっと見は昨年とあまり変わらない印象。限定メニューとはいえ、もはや完成の域に達しつつあるというか。それは味についても同様で、唐辛子の良い香りと適度な辛味と自家製味噌のハーモニーは、コクがあって味わい深い感じ。それにモチモチっとした麺の食感やそこに絡む挽肉と野菜の旨さは昨年も感じたところなのですが、何ていうか、昨年と較べて全体的に進化させているようにも感じました。あと、今回何よりも嬉しかったのが、とうとう本店のメニューに加わったご飯。この赤おろちの前身?である『辛味噌ラーメン、花の季流』が出た時から(加えて言うなら、それより前に辛味噌ラーメンがメニューにあった時も。)、残ったスープにご飯投入をやってみたくて仕方がありませんでしたが、今回その夢がようやく叶ったというか、思っていたとおり最高でした。

えび皿わんたん 480円
えび皿わんたん 480円
 こちらは、一緒にいただいたもの。えびわんたんも花の季さんの冬の定番メニューですが、今年はわんたんめんではなく皿わんたんで。良い塩梅の肉とプリっとした海老=旨いがぎっしり詰まったワンタンは贅沢感があってやっぱり良いですね。それにしても、毎回不思議に思うのが、スモーキーな風味のするタレ。それ自体旨いのですが、一体何の風味なんですかね。

 というわけで、今年も赤おろちというか、冬の定番メニューを、とても美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成26年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 22
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ