たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 らあめん厨房 どる屋

 某宇都宮タウン情報誌1月号は、毎年恒例のラーメン特集号だったのですが、そこで見つけたというかその中で一番いただきたいと思ったのが、こちらのお店の『黄金の鯛ラーメン』。週末、そして数量限定と結構ハードルが高いのですが、お店のブログを拝見すると成人の日もやっているということなので、開店時間に合わせて久しぶりにお伺いしました。

黄金の鯛ラーメン 1000円
黄金の鯛ラーメン 1000円
 というわけでその黄金の鯛ラーメン。それでまずは、その淡い黄金色(写真は上手く写せませんでしたが…。)のスープを一口いただけば、鯛だしが上品かつ味わい深く、まさしくエクセレント!こちらのノーマルな鯛だしラーメンの10倍の量の鯛を使用しているとのことですが、それでやたらと濃厚にするのではなく、その量を使って鯛の旨味と風味の心地良いところだけを抽出しているというか。こういう事がのできるのって、(鯛だしラーメンを始めて15年という)経験もあるけど、やっぱり決め手は作り手のセンスだよなぁ(ってエラソーで申し訳ない)、と深く感銘を受けた次第で。で、ややソリッドな食感の麺や、鹿沼市さつきポークチャーシュー、そして那須の白美人ねぎとの相性も申し分なく、それらが一体となって、大げさかもしれませんが、丼の中に一つの「世界」があるといいますか。

ほっぺたご飯 250円
ほっぺたご飯 250円
 こちらは、一緒にいただいたもの。で、サクっとした歯触りで旨味がじわっと溢れるほほ肉チャーシューが旨いのはもちろんなのですが、付け合わせのネギが何とも素晴らしく合っていますし、それをまとめるタレがまた。いただくのは何度目かなのですが、その度に唸ってしまうサイドメニューです。

鯛だしラーメン(塩味) 650円
鯛だしラーメン(塩味) 650円
 こちらは、同行者がいただいたもの。例によって少々味見させて貰いましたが、「黄金の…」と較べると、(塩味だから余計そう感じるのかもしれませんが)鯛の「全て」が出ているという感じのスープ。美味しいのは間違いありませんが、こちらは普段着の鯛ラーメンというか。もっとも、鯛が普段着なんて、ものすごく贅沢な気がしますが。

 というわけで、とても美味しくいただいたのですが、やはりなんと言っても黄金の鯛ラーメン!!正月早々、かなりのインパクトがありましたねぇ。本当に「参りました」という感じなのですが、今後も完成度を上げるべく手を加えていかれるとのことことなので、今後いったいどういうふうに進化するのか、とても楽しみです。ごちそうさまでした。

平成26年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ