たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

川崎競馬場訪問記 【平成26年1月1日・初詣特別(B2-2、B3-1)他】 その3

パドック近くの焼きそば売店

 前々記事前記事と続いた平成26年元旦に川崎競馬場行ってきた川崎競馬場訪問記なのですが、今回のその3は、競馬場でいただいた食べ物などについて。


競馬場グルメ

 川崎競馬場は飲食売店の数や食べ物の種類がたくさんあることで有名とのこと。もとより、競馬場の楽しみの1つは食べ物だと思っているので、今回も可能な限りいただいてきました。

焼きそば売店 (パドック付近)

 川崎競馬場では有名なお店というか食べ物がいくつかあるのですが、こちらはその1つ。ちなみに、焼きそば売店といっても、おでん(1つ100円)やフランクフルト(200円)、それに酒類もあったかと思うのですが、一番人気はやっぱりこちらかと。(まぁ、お店の名前も「焼きそば売店」ですし。)

【焼きそば 400円】
焼きそば 400円
 豪快に容器に盛られた焼きそばは、かなりの重量。ちなみに、紅ショウガと青のりはかけ放題なのですが、(特に紅ショウガは)山盛りにする人多数という感じで。それでお味の方ですが、これが独特というか、ソース味なのですが、ピリピリっと決して弱くない辛味が効いています。また、具はキャベツと桜エビなのですが、この桜エビが実に良い感じというか。これはビールが欲しくなる味ですねぇ。

コロッケ売店 (パドック付近)

 こちらも有名なお店というか食べ物その2。ちなみにコロッケ売店といっても、他にチキンフライ(250円)やあぐーメンチカツ(200円)に、ソフト、ハードドリンク各種も置いてありますが、やはり一番人気はこちら。(まぁ、お店の名前も「コロッケ売店」ですし。)

【手作りコロッケ 150円】
手作りコロッケ 150円
 それでまず、その大きさに軽く驚いたというか、1つで十分空腹を満たせるサイズ。そしてタネは、粗くつぶしたジャガイモにコショウがかなり効いてスパイシー。挽肉の分量にばらつきがあるのはご愛敬(今回、相方のは結構入っていましたが、私のは控えめでした)ですが、揚げたての熱々をハフハフいただけば、これが間違いない旨さというか、これもビールが欲しいです。

【生ビール 600円】
生ビール 600円
 それで我慢できずにいってしまった生ビール。ちなみにお値段は(競馬場の中では)大井と並んでお高いのですが、この日は三が日限定のスクラッチキャンペーンをやっていて、その結果景品で蹄鉄をいただきました。

春風 (2号スタンド1階)

 こちらは手作りおむすび(100円)やビーフカレー(500円)、たこやき(300円)なんかのお店のようで。

【おぞう煮 300円】
おぞう煮 300円
 ですが今回は、迎春特別メニューのこちらを同行者が。それで一口味見させて貰いましたが、つゆは関東っぽい濃い口醤油が効いたものではなく、あっさりしてお上品な味付け。また具は、お餅(2個)の下に三つ葉と人参などが入っていました。

多気屋 (2号スタンド1階)

 こちらは元気で愛想の良いお姉さん方が印象的だったお店。今川焼きがメインで、あとはドリンク類も売っていました。

【今川焼き 150円】
今川焼き 150円
 で、こちらは同行者がいただいたのですが、「美味しかった」とのこと。

立喰 志ら井 (2号スタンド2階)

 こちらのお店はそば・うどん類各種(350円~)やカレーライス(500円)もありますが、メインというか結構有名なのが(モツ)煮込みですかね?

【煮込み 450円】
煮込み 450円
 それでその煮込みなのですが、これがまた。具は牛白モツ(大腸)とコンニャクのみとシンプルなのですが、柔らかいモツは脂も適度に残っていて、更に煮汁がバリウマ。まろやかでコク深く、それでいてしつこくないというか。個人的に、これまで競馬場でいただいたモツ煮の中ではかなり上位に来る味でしたね。あと、これを丼飯に掛けたもつ丼(650円)も、とても旨そうでした。

みよしタンメン (2号スタンド2階)

 こちらは有名なタンメン専門店(メニューはタンメン1種類のみ!)。元々、川崎競馬場では別のお店のタンメンが有名だったようなのですが、そこが店主さんの引退により閉店し、現在はこちらのお店がその座を引き継いだ模様。

【タンメン 600円】
タンメン 600円
 それでこちらのタンメンなのですが、野菜を炒めるのではなくスープで煮て作るタイプ。なのでアッサリはしていますが、鶏ガラ+豚骨の出汁に野菜の味が溶け込んだ、コクと旨味たっぷりのもの。細目の縮れ麺に、ややクタッとなった野菜が絡みます。また、立ち食い用のテーブルの上には、コショウ、ラー油、おろしニンニクに豆板醤など豊富な調味料類がそろっているのですが、スープが赤く染まる程豆板醤を投入しているオジサンを多数見かけました。

戦い済んで

【馬場内入場門から退場】
馬場内入場門から退場
【混雑する走路下のトンネル】
混雑する走路下のトンネル
 最終レースまで勝負し、午後5時半過ぎに駐車場を後に。で、その際というか走路下のトンネルのところで、駐車場からは左折で出たかったにもかかわらず、何故か右側の車列に誘導されてしまい、そのまま右折で出ることに。カーナビ(替わりのスマホアプリ)があるので大丈夫っちゃ大丈夫なのですが、想定外だったので少々焦りました。で、来る時は30分程かかった大師入口まで20分も掛からずに走って首都高速へ。あとはずっとスムーズに流れて、午後8時前には自宅に着くことが出来ました。

 というわけで、元旦から丸一日競馬を堪能したのですが、収支の方は相変わらずというか、ちょい負け程度と奮わなかったものの、初めて行った川崎競馬場は色んな意味でエキサイティングでした。それにしても、元日の川崎競馬場は(元日から競馬場来る人はそんなにいないだろうなどと勝手に思っていたのですが)思った以上に混んでいるものなんですね。でもって今度は、川崎名物のスパーキング・ナイター開催時にお伺いして、今回の負けを取り返したいと思います。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
5
8 10 12
15 17 21
22 23 24 25 26 27 28
29 31

アーカイブ

忍者アナライズ