たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

神奈川県川崎市 みよしタンメン (川崎競馬場内)

 平成26年1月1日。元旦にもかかわらず、川崎競馬場に博奕を打ちに来てしまいました。それで、川崎競馬場は食べ物が豊富な事で有名なのですが、その中の名物で一つに数えられるのが、こちらのタンメン。最初に有名になったというか元々は別のお店のが有名だったようなのですが、そこが店主さんの引退により閉店し、現在はこちらのお店がその座を引き継いだ模様で、お昼時はかなり長い行列ができていました。それで、その行列も落ち着いた頃にお伺いすることにしたのですが、まだまだひっきりなしにお客さんは来ている状態でした。

タンメン 600円
タンメン 600円
 そんな中いただいたこちらのタンメン。注文して受け取るまでの間に作っているところを拝見していると、大きな中華鍋でスープと野菜がグラグラと煮込まれていて、それが茹で上がった麺の上に片っ端から掛けられているという、お客さんが途切れないからこその作り方。丼によって、野菜の火の通り加減や入ってる種類が多少違っても、それすら個性になっているような感じですね。で、まずはスープを一口啜ると、野菜を炒めていないのでアッサリはしていますが、鶏ガラ+豚骨の出汁に野菜の味が溶け込んだ、コクと旨味たっぷりのもの。そこに、細目の縮れ麺と、クタッとなった野菜が絡んで、申し分ないというか。また、立ち食い用のテーブルの上には、コショウ、ラー油、おろしニンニクに豆板醤など豊富な調味料類がスタンバイ。個人的にはタンメンの場合、途中からコショウやラー油で香りと刺激をプラスするのが好きなのですが、スープが赤く染まる程豆板醤を投入していたオジサンも多数見かけました。

 というわけで美味しくいただいたのですが、さすがは名物というか、大量に作っているからこその味。おまけに寒いこの時期は、心も体も温まる一品なんじゃないでしょうか。ごちそうさまでした。

平成26年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ