たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県さくら市 らうめん ん 【閉店】

 さくら市にある道の駅きつれがわの、国道293号を挟んだ反対側の、かつておそば屋さんでその後定食屋さんだったお店が、ちょっと前にそこを通った時、ラーメン店っぽく改装されていました。で、店舗に取り付けられた看板には「らうめんん」。そして国道沿いの看板には「自家製麺ん」と反対側には「油そばん」と。書いてあります。多分「ん」というのが店名だと思われるのですが、気にはなりつつもそのお店から発せられるちょっと怪しげな雰囲気にためらって中々お店に入る決心が付かなかった(お店の名前がハッキリわからないところって、敷居が高く感じるんですよね。)のですが、この日、意を決してとうとうお伺いすることに。

 それで駐車場にクルマを停め、2つある扉のうち片方が締め切りになった入口から入店すると、そこには製麺機が無造作に置いてありました。そして店内は、おそば屋さんの頃に何度かお伺いしたことがはあり、その頃と変わらない雰囲気だったのですが、たまたまレジのところに立っていたご主人を見て、「あっ」と気がついたというか。以前、道の駅きつれがわ内で『双喜』というラーメン店をやっていた方でした。

油そば 700円
油そば 700円
 そこでいただいたのは、看板にも書いてあり、更にお品書きに「おすすめ」と書かれたこちら。注文から暫く待って登場したのですが、まずはそのまま丼の中をよく混ぜてから麺を一口。自家製麺される極太の全粒粉麺は、(油そばなら当たり前でしょうが)茹でてから一度洗ったりはしないので、表面はちょっとヌルっとした感触があり、また、そこからワイルドな粉の風味も感じられます。それに絡むタレは、あまり油を感じさせないというか、かなりアッサリしているので、ことさら麺の味がストレートに感じられるというか。あとは、卓上のラー油やお酢、ニンニク、豆板醤を加えて適宜調整。これらの風味により、味がまとまるような気がしました。

 というわけで油そばだったのですが、実は油そばって、個人的にいただいた回数が(ラーメンやつけ麺に較べ)圧倒的に少ないので、自分の中で味の基準というか、そんなものがまだ見つからないという状態なんですよね。なのでこれからは、機会があれば積極的に食べてみたいと思いました。ごちそさまです。

平成25年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ