たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 らぁめん酒房 手打ちラーメン まるめしあん 【移転前店舗】

 国道4号をさくら市方面から北進すると、矢板のシャープの手前の左手にあるお店で、昔はバイク屋さんだったのがいつしか定食屋になり、その後、矢板市下伊佐野のラーメン店『まるめしあん』の関連店であるイタリアンな感じのお店『リストランテ ハンドメイドヌードル マルメリアン』になり、その後、『まるめしあん101』としてラーメン店も併設していたようなのですが、現在は道路沿いの看板には『らぁめん酒房 手打ちラーメン まるめしあん』と書かれていて、建物はマルメリアンの看板が掲げられたままと、結局どれが正しいお店の名前か不明というか。(とりあえず今回は一番新しい道路沿い看板の名前を記事名としましたが。)それで、下伊佐野のまるめしあんには何度かお伺いしたことがあったのですが、こちらには初めてのお伺いとなります。

手打ちラーメン(醤油) 680円
手打ちラーメン(醤油) 680円
モヤシのサラダと粕漬け (サービス)
モヤシのサラダと粕漬け (サービス)
 ラーメン店らしからぬ雰囲気の店内に入りお品書きを見ると、まるめしあんの時と同様というか、その時にも見た記憶のある品々も並ぶたいへんバラエティー豊かなもの。ですがいただいたのは、お品書きの表面最上段に書かれたこちらにしました。それで注文後まず、ラーメンに付属?のモヤシのサラダと粕漬けが登場。どちらも味が良く、特に粕漬けはかなり高級な味がしましたが、こういう心遣いって嬉しいですね。で、それらをいただいているとラーメンが登場。まずは、若干濁りのあるスープからいただくと、その見た目同様、素材のキャラクターがハッキリ出たお味というか。以前、まるめしあんでラーメンをいただいた時もそんな感じがしたのですが、こちらの店主さんは素材の持つクセのようなものもキャラクターとして生かされる方という印象。そこに醤油ダレがしっかりと効き、ワイルドで力強い感じがするスープというか。そして手打ちを謳う麺は、太さは若干太めで、チュルモチっとした食感のもの。また具は、肉っぽい風味を残すチャーシューや、白身がピンク色に染まり黄身がトロっとしている煮卵などです。

 というわけで、色々と感心しつつ美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成25年11月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 22
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ