たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 手打ちラーメン みうら

 先日、冷し中華をいだきに来たこちらのお店。もちろんその冷し中華は美味しくいただいたのですが、やはり来たからにはラーメンもいただきたくなり、あまり間を置かずに再びお伺いすることに。この日は、雨が降っているから多少は空いているだろうとの読みで土曜日の開店時間を狙ったのですが、午前11時の開店時間の20分前くらいに到着したところ駐車場には県外ナンバーを含む数台が開店待ちしており、開店時間を迎える頃には駐車場は満車。店頭にも結構な長さの行列ができていました。

チャーシューワンタンメン(大盛)1100円 + 那須御用卵塩ゆでたまご 100円
チャーシューワンタンメン(大盛)1100円 + 那須御用卵塩ゆでたまご 100円

 それで今回は、空腹とこちらのラーメン食べたい欲が暴走して何ともハイエンドな注文となってしまいました。ちなみにカウンターの上に掲げられたお品書きに「チャーシューワンタンメン」は無いのですが、頼めばやっていただけるのは、以前いただいた塩ワンタンメンと同様です。

 で、早速スープからいってみたところ、前回塩ワンタンメンをいただいた時に感じた鶏出汁の濃さよりは、鶏出汁、鶏油に濃口醤油がバシっと効いたバランスの良い白河のラーメンといった味わいが印象的。そこに合わせる麺は、相変わらずヌクヌクした食感が絶品の手打ち麺で、冷し中華の時のように〆られて歯応えマシマシになったこちらの麺も旨いのですが、スープに浸かったことによって適度に柔らかくなり、また食べ進むにつれスープと馴染んでいく味わいは、何時まででも啜っていたい幸せ。そして今回の具は、スモーキーで歯応えのミシっとしたチャーシュー、白河系にしては餡の大きなワンタンなどに加え、ブランド卵本来の味がよく分かる塩味の茹で卵も加えたものだから本当に豪華。それらと麺を一緒に口にいれればさらなる幸せが味わえます。

 というわけで、途中からお腹が苦しくなってきたにもかかわらず、最後まで美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

令和元年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ