たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 自然派ラーメン 花の季

 個人的に、ラーメン屋さんにお伺いするというか、そもそも外食するのって、お昼時のほうが圧倒的に多いのですが、この日は珍しく夜に外食ということになったにもかかわらず、お伺いしたのはこちらのお店。

バカうまラーメン(大) 900円
バカうまラーメン(大) 900円

 ただいただいたのは、個人的に頼むことが多いたんめんではなく、約1年ぶりにバカうまを。そういえば、お品書きの表記が以前とはちょっと違っていて、今までの「バカうま」は(大)が付くようになったんですね。

 それで早速スープからいってみたのですが、久しぶりの和風豚骨スープは、コクがありつつも若干サラっとしたライト目の後口。醤油ベースの味付けも、今回のはマイルドに感じました。また麺は、自家製の細ストレートタイプで、ツルっツルの食感。それと具の、ホロトロッとした食感を併せ持つチャーシューに、個人的に好きだけど最近とんと見かけなくなってしまった固茹でタイプの味玉は、どちらも丁度良い味加減。シナコリっとしたメンマはちゃんと発酵味が感じられ、大ぶりに刻まれた白ネギはとても良いアクセント。それと海苔がとても良く合うにもかかわらず、この日は海苔増しにするのを忘れてしまったのが痛恨事。あとこの日は、前回お伺いした時にはなかった、白ネギを豆板醤?で和えたものや、ショウガが入ったタレ様のものが卓上に置いてあったのので、(ラーメンに使って良いものか聞かなかったのですが)、それらを別にバカうま専用の巨大なレンゲに取り、そこに麺と少量のスープを加えていただいてみたところ、これもまた良い感じに変化。最後は卓上のブラックペッパーで味変し、久しぶりのバカうまを、スープの1滴まで余さず堪能しました。

チェンピン 280円(1個)
チェンピン 280円(1個)

 こちらは一緒にいただいた、花の季さん定番のサイドメニュー。カリモチっとした食感のしっかりとした皮を噛めば、熱々の肉汁が大洪水というのはいつものとおり。豚肉メインのコッテリめな餡も食べ応え十分で、ほんと、満足度高いプラス1品です。

中華そば 800円
中華そば 800円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。細縮れ麺に、具材はチャーシュー、メンマ、ナルト、青菜、海苔とものすごくオーソドックスというか、いかにもな「中華そば」という見た目なのですが、例によって少々味見させて貰ったところ、若干濁りのあるスープは見た目以上に力強い旨味に溢れ、そこに細縮れ麺が絡んでこれも、また。しかしながら、ただのレトロ趣味ではない今風な味わいとオリジナリティーがあって、これはじっくりと1杯いただきたい品ですね。

 というわけで、どれも美味しくいただき、とても満足させていただきました。ごちそうさまです。

令和元年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ