たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 阿Q 大田原店

 個人的に精神的具合がよろしくない時、ドカっと食べて満腹中枢をたっぷり刺激して発散することがままあるのですが、そんな時の外食でお世話になるのがこちらのお店。もっともこの日は、特段イライラしていたり落ち込んでいた自覚はなかったものの、お昼の外食先を決める車中の会話で「大田原の阿Q」という名前が出た時に真っ先に食いついてしまったのは、無自覚でもその兆しがあったからかもしれません。

ニラそば 800円
ニラそば 800円

 それで私がいただいたのが、こちらのお店のメニューの中で完食難易度が相当高いと思っている汁そば類の中から、初めてとなるこちらの品を。洗面器のような丼で登場するのはいつものことなのですが、そこになみなみと入っている様を見るにつれ、「大丈夫か?やれる(食べ切れる)のか?」と思うのもいつものこと。ただ、グズグズしていると麺が伸びてしまうのでさっさと覚悟を決めてスープからいってみたところ、阿Q大田原店さんらしく味が濃く甘じょっぱくてコッテリとした醤油ベースの餡掛けがスープと混ざり合い、これが。また麺は、阿Qさん特製の細ストレート麺で、今日のはコシをよく感じる茹で上がり。細麺故に餡掛けがよく絡みますね。そして餡の具は、ニラをメインに、豚肉、タケノコ、タマネギ、ネギ、それとナス?!ただ、火の通ったナスの甘くてトロッとした食感は、甘じょっぱコッテリとした味付けにとても合っていました。で、何とか麺と具材とを食べきり、残ったスープも頑張って飲み干そうとしたのですが、ここで満腹感がこれまで以上に襲ってきたのと、残ったスープ表面に浮く油の層を見て断念。

カツ丼 950円
カツ丼 950円

 こちらは、同行者がいただいた品。「阿Qさんのカツ丼って、どんなものかしらん」と軽い気持ちで注文したようなのですが、量はともかく(阿Qさんなので)として、玉ネギの卵とじの上にカットされたカツが載り、そこに青さがたっぷりかかっているという構成にちょっとびっくり。それに興味をそそられ、自らの腹具合も顧みず味見させてもらったところ、玉ネギの卵とじは味が濃くしっかりと甘味が聞かされ、その上に乗るカツは、衣サクサクで肉柔らか。そこに青のりの風味が強く効かされており、味的には良いにもかかわらず、同行者が言うところの「カツ丼食べている筈が、何を食べているのかわからなくなってくる。」に激しく同意しました。

 というわけで、今回もたっぷりといただき、腹十二分目くらいまで満足させていただきました。ごちそうさまです。

令和元年10月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
2 4 6
11 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ