たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

東京都新宿区 永坂更科 布屋太兵衛 新宿地下鉄ビル店

 上京ついでの立ち食いそば食べ歩きの2軒目にして最後は、新宿駅西口に隣接する新宿メトロ食堂街にあるこちらのお店。永坂更科さんというのは、お店のウェブサイトによると今から200年以上前の寛政年間に創業した老舗で、麻布長坂の本店以外は、全国のデパートにテナント入店している、ちょと高級なおそば屋さんというイメージなのですが、こちらの新宿地下鉄ビル店はなんと立ち食いコーナーが併設されているとのこと。

 それを知ったら是非ともお伺いしてみたくなったので、新宿駅に到着後、西口の改札口から至近の新宿メトロ食堂街へ。その中をズンズンと進んだところに、調べた時に見覚えのある立ち食いコーナーを発見。夕方の中途半端な時間にも関わらず、先客も幾人かいるようで。そこに近づき、いきって口頭で注文しようとしてしまいましたが、注文は食券制でした。

肉天もり 750円
肉天もり 750円
 そこで改めて食券を購入していだいたのが、こちらの肉天もりで、食券を渡してからすぐに登場。事前に見た写真でカウンターの所に天ぷらの入ったケースがあったので、天ぷらの揚げ置きは承知していたのですが、ソバを茹でるだけだとしても相当な早業ですね。それで早速、ソバからいってみたところ、細めのそれは、ツルツルっとした喉越しの良さがいい感じ。またつゆは、江戸っぽいというか、味が大変濃い「辛口」のもの(ちなみに、甘口のつゆも注文時に希望すれば出してもらえるとのこと。)で、そのカエシにはひねたような熟成味が有るあたりに、老舗蕎麦店の片鱗を感じました。そして、一番印象的なのが、ソバの上にドドンと載った肉天と呼ばれるかき揚げ。前述のとおり揚げ置きで、若干湿気ったフガフガした食感は仕方ないところですが、長ネギとサイコロ様の豚肉がたっぷり入って味的に面白く、そして何よりボリューミー。つゆとの馴染み良く、これなら、温かいそばに入れても旨そうです。

 というわけで、美味しくいただいたのですが、「立ち食いそば」にしては正直言って良いお値段も、逆に、老舗の味を立ち食いで気軽に手早く味わえることを考えれば、大いにアリだったというか。ごちそうさまでした。

平成28年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ