たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須烏山市 麺屋 はじめ

 久しぶりにお伺いする、南那須のはじめさんです。それで前回お伺いした時から今回の間に、若干の価格改定があったみたいですね。(それにしても、このところの小麦価格の高騰とか、本当に参ってしまいますなぁ。)で、今回は、「和風つけめんを大盛りで食べるぞ!」と意気込んでお伺いしたのですが、入店した際にふと壁のお品書きを見ると、つけめん用のトッピングに豚ほぐしというのが新しく加わっていたので、思わずそれも追加して注文しました。

和風つけめん(大盛) 950円 + 豚ほぐし 100円
和風つけめん(大盛) 950円 + 豚ほぐし 100円 (ケータイで撮影)  注文して、待つことしばしで、まず、皿に盛られた麺が登場。大盛にすると、かなりのボリュームがありますね。そして、熱々の器に入った付け汁が登場。ちなみに豚ほぐしは、付け汁に入れられているとのことです。それでまず、麺だけをいただいてみると、締められた太麺は、ツルツルモチモチシコシコとはしていますが、結構ハードな歯応えで、噛みしめると小麦の上品な味がみっちりと詰まっているような感じがします。次に付け汁ですが、ものすごく凝縮された動物系と魚介系の旨味が感じられ、味付けは若干の甘みを感じますが濃厚な旨味に負けないパンチの効いたもの。更に今回は、豚ほぐし(ほぐされたチャーシュー)が麺に絡むお陰で「肉」の味まで一緒になって口に入ってくるので、もう、なんていうか、口の中がものすごいことになってしまいます。そして、具のチャーシュー、半熟の煮玉子、極太のメンマも、それぞれに手が込んでいることが感じられ、それぞれものすごい存在感。それと最後はスープ割をお願いすると、今度は、濃厚だけども、なんとも優しいお味になり、大盛りのおかげで既に満腹状態ではあったのですが、きれいに飲み干してしまいました。

 そんなわけで、今回も大満足でございます。ごちそうさまでした。

平成20年3月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ