たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

沖縄県那覇市 ジャッキー ステーキハウス

 沖縄で2度目の夕食となる今夜は、豪勢にステーキをば。沖縄には戦後、米兵相手のステーキハウスが出来、そのうちのいくつかは現在も営業を続けいてるのですが、どのお店も比較的リーズナブルなお値段でいただけるんですよね。それで今回お伺いしたのが、そんなお店の中でも超有名なこちら。午後5時半頃お伺いした時にはほとんどの席が埋まっていたのですが、その後も地元の方や観光客とおぼしきお客さんが続々と来て、すぐに入店待ちが出る盛況ぶりでした。

オリオンビール(中ビン) 450円 と ウーロン茶 250円
オリオンビール(中ビン) 450円 と ウーロン茶 250円
 そんな中、まずはこちらで乾杯。生もありましたが、この日は何故か瓶の気分だったので。それにしても、沖縄で飲むオリオンは、ことさら美味く感じますね。ちなみに、一緒に写っているウーロン茶は同行者がいただいたものです。あと、これらの背後に写っているのが、これから来るステーキ類や、他の品々に使用する調味料。ウスターソース、醤油、コショウ、塩、マスタード、ホットソース、ケチャップ、ホットソース、そしてステーキソースがズラリと並んでいました。

ニューヨークステーキL(250g) 1600円
ニューヨークステーキL(250g) 1600円 のサラダとスープ
ニューヨークステーキL(250g) 1600円
 そしてお目当てのステーキは、お高い方の(と言ってもLサイズで2200円ですが)テンダーロインステーキではなく、お手頃なこちらをチョイス。写真は焼き加減をレアで頼んだ時の登場時で、一見生に見えるのですが、すぐに裏返せば丁度良い焼き加減になるというのは某沖縄情報サイトで知った知識。で、やってみると実際そのとおりで、何とも良い感じになりました。それを、前述の調味料類で味付けしていただくのですが、まずは塩コショウで肉の味を堪能。このニューヨークステーキというのはどの部位が使われているのかはその名前からは判らないのですが、噛み応えがありつつも結構柔らかくてジューシーなお肉は、理屈抜きに美味しいです。そして次に醤油やステーキソースでいただいてみたところ、これもまた。特にこちらのお店オリジナルというNo.1ステーキソースは、沖縄でステーキソースとしてよく使われるA1ソースよりも味がマイルドで気に入りました。あと、ライスやサラダと共に付いてくるスープですが、薄いキャ○ベルといった感じの味で好き嫌いが別れるみたいですね。個人的にはご当地ならではの味という感じで結構好きなのですが。

ハンバーグステーキL 900円
※サラダとスープはステーキと同じなので写真省略
ハンバーグステーキL 900円
 こちらは、同行者がいただいたというか、私がいただく分も考慮して(無理矢理)Lサイズでお願いしたのですが、Lサイズだと、なんとハンバーグが2枚重ねになって来るのですね。(その際、近くのお客さんに物珍しそうにガン見され、同行者がたいそう困っておりました…。)それでお味の方ですが、ハンバーグ本体は昨今流行りのふっくらジューシーというタイプではなく、薄手ながらミシっとした噛み応えの密度感そして「肉」の存在感のあるもの。味付けはステーキ同様、卓上に豊富に用意された調味料類を使用するのですが、こちらのNo.1ステーキソースはハンバーグにも合いますね。また、ケチャップをかけると大層懐かしい感じになって、個人的にツボでした。それにしても、このボリュームで900円というのは、ものすごいコストパフォーマンスなのではないでしょうか?

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、さすがにLサイズのステーキ+ハンバーグ1枚は食べ過ぎたというか。それでも、お肉でお腹いっぱいにできるなんて、何とも幸せでございます。また沖縄に来た時は、是非とももう一度お伺いして、今回いただかなかったテンダーロインステーキや、ステーキ以外にも豊富にある品々もいただいてみたいですね。ごちそうまでした。

平成26年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 4 6
10 12
14 16 18 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ