たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

沖縄県国頭郡本部町 山原そば

 沖縄美ら海水族館を後にして昼食をいただきに向かったのは、海沿いからちょっと山の方に入ったところにある、沖縄本島北部では大変な有名店であるこちら。

 お店には、12時半前に到着したのですが、お店の横の駐車場は満車(程なくして出て行くクルマがあったので何とか停められましたが。)で、お店の外には10人以上の行列(どんどん長くなって、私達がお店に入る頃には20人以上に増えてました。)が。平日なのにすごいですね。そんな中、店外、そして店内に入っても暫く待って、お店についてから約30分程で、以下のそばとご対面となりました。

ソーキそば 900円
ソーキそば 900円
 こちらは、私が注文したもの。それで早速、つゆを一口啜ると、ダシのカツオと豚骨が何とも良い感じに融合。最初は尖ったところのない大人しい印象だったにもかかわらず、それは一瞬のことで、口当たりはスムースなのに旨みが「濃い」いというか、味わうにつれのその計り知れない実力が露わになっていくような感じがしました。また、それに合わせる麺は、本島北部に多い平打ちタイプ。トラディショナルな製麺所製茹で麺と思われるのですが、ムニっとした歯応え、そして噛み締めると感じる麺自体の味も悪くなく、そして何より、つゆとの相性が抜群。そして具のソーキですが、ミシっとした肉の繊維を感じる食感で、そこにしっかりと味が染みておりました。

三枚肉そば小 550円
三枚肉そば小 550円
 こちらは、同行者がいただいたもの。当方のソーキと三枚肉を交換して貰ったのですが、いただいたところ、こちらの三枚肉は、ソーキよりも味が濃く、食感もより堅めに感じました。個人的には昔の沖縄そばがどういうものかは知らないのですが、その味と食感に、どこか懐かしさを感じたりして。

 というわけで、待った甲斐のあるとても美味しいそばだったというか、個人的に、その味にかなり感激いたしました。ごちそうさまです。

平成26年8月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ