たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 ふうふう亭

 実は毎年、大晦日にはこちらにお伺いして一年のラーメン納めとするのですが、平成24年の大晦日も、午前中に大掃除を終わらせてこちらへ。

味噌拉麺 匠(たくみ) 760円 + 小ライス 100円味噌拉麺 匠(たくみ)小ライス
 で、今年最後にいただいたのは、こちらのお店で一番好きな赤味噌系のラーメンの中から、店主さんおすすめの匠を。実は、初めてお伺いした時にいただいたこちらの味噌拉麺の味にハマって以来、10年近くこちらにこちらに通わせていただいているのですが、その間、研究熱心な店主さんのお陰で常に変化を遂げつつも、ベースとなる、まろやかだけどもキレもあるあの味は変わらないというか。そして、その時々の店主さんの考えが味にプラスされてて、そんなところを味わうのも、一つのお店に通い続ける楽しみなんじゃないでしょうか。と、余計な話が長くなりましたが、前述のコクがあってまろやかだけどもショウガのキレのある後味が心地よいスープに、チュルモチっとした中太縮れ麺が旨いです。あと具も、昔は茹で野菜だったのが、今のスープには、白ネギと手の込んだホロトロのチャーシュー、どちらも良い塩梅の半熟トロ玉とメンマに、茹でホウレン草という組み合わせの方がより合っているように思います。(ちなみに、茹で野菜のバージョンもメニューにはありますけど。)そして最後は、残ったスープに小ライスを投入。思えば、ラーメンのスープにライス投入の旨さを知ったのも、ここの味噌拉麺のお陰だったりするんですよね。

炊き出しラーメンセット(醤油・唐揚とライス) 680円
炊き出しラーメン(醤油)炊き出しラーメンセットの唐揚とライス
 こちらは、同行者のいただいたもの。注文時に「今日はガッツリいきたい」と申していたにもかかわらず、いつも味見させて貰うラーメンに加えて、ライスと唐揚げもこちらのほうに結構な量が回って来ましたが。で、メインの炊き出しラーメン(限定15食とのとこ)は初めていただくのですが、豚骨と魚介を「炊き出して」取ったスープのラーメンということで良いのでしょうか?乳化したスープはダシも効いてるし魚系の香りもビンビン感じるのですが、口当たり的には結構軽めな印象で、上に載った高菜漬けがとても良く合いますね。あと、唐揚はそれ自体も美味しいのですが、相変わらずタレが超美味。それにしても、こちらのセットメニューはコストパフォーマンスもの凄く高いですね。

 というわけで、どちらも美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成24年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1
3 5 7 9
11 13 15
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

忍者アナライズ