たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県栃木市 さのらーめん 笑まる

 この日は、本来足利市に用事があったものの、間違って、似たような名前の場所がある栃木市藤岡町に行ってしまったのですが、しかも(それに気づく前だったので)昼飯までいただいてしまいました。

さのらーめん 600円 + とろーり半熟味付たまご 100円
さのらーめん 600円 + とろーり半熟味付たまご 100円
 スープは鶏ガラ系がメインでしょうか。ベースはとてもあっさりとしていますが、旨味は充分。油もそれなりに浮麺のアップき塩気が結構強めに感じたのですが、逆にそれが「濃い味」好きな栃木県民に愛される味かな、と。そして青竹打ちを謳う麺は、ピロピロとシコシコが同居するような食感。また具のチャーシューは、これまでいただいた事のあるお店のあくまで個人的な印象だと一般的な佐野ラーメンではわりとプライオリティが低いと感じていたのですが、こちらのは力が入っているというか、@状の大振りな物が入っていました。それと追加の味付たまごは、何までしっかりと、良い塩梅で味が染みてました。

味噌らーめん 750円
味噌らーめん 750円
 こちらは、同行者の注文した物を例によって(今回はかなり)へずらせていただきました。で、お味の方なんですが、モヤシと挽肉などを多めの油で炒め煮?したとってもトラディショナルな味噌ラーメンが、『佐野ラーメン』の看板を掲げるお店でいただけるとは。しかも麺が前述のとおりの青竹打ちなので、これはかなり個人的にヒットかも知れません。

餃子(6ヶ) 350円
餃子(6ヶ) 350円
 こちらは至極ベーシックなお味。佐野ラーメンのお店ではラーメンがあっさり味な分、餃子でインパクトを感じることが多いのですが、こちらのお店はラーメンの味が結構強いので、まっとうなサイドメニューという感じでいただきました。

 というわけで、どれも美味しくいただいたので、たまには間違ってみるのもいいかな、と思った梅雨明け前の晴れた暑い日でございました。ごちそうさまです。

平成23年7月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
2 4
23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ