たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 麺や しみず

 こちらには、約一年ほど前に改装した直後にお伺いして以来の訪問となりました。

極上みそらぁめん 780円
極上みそらぁめん 780円
 それで前回はつけ麺をいただいたのですが、今回は、お伺いしたのが平日ということもあり、折角なので平日限定20食の極上みそらぁめんを。で、まず見た目は、後述する濃厚醤油らぁめんと同じようなスープの色に、マー油っぽい黒い液体が少々。また、味噌ダレと同じ味噌を使ったという辛味噌が添えられていました。まずはややトロっとした濃度のあるスープを一口啜ると、これがかなりパンチがある味。と言っても、ニンニクがギンギンに効いているとか脂がタップリ入っているのではなく、使われている味噌の熟成味というか、発酵による陳(ひ)ねた風味が特徴的に感じました。その、どこか酒粕を思わせるような風味が中心にあって、旨味やまろやかさも感じる、何とも濃密で深みのあるスープかと。更に途中から添えられた辛味噌を投入すると、唐辛子の鮮烈な辛味(ちなみに、単体で舐めるとかなり辛いです。)がプラスされ、さらに重層的な味になるように感じました。また麺は、モチモチっとした食感の、かなり太めな縮れ麺。この麺が、スープに負けない力強さを持っているというか。スープ単体で味わうと、結構インパクトの強い味に感じたのですが、麺と一緒に味わうことにより、まとまりのある味になるように思えます。当たり前の事ですが、ラーメンは麺とスープのバランスがとても大事かと。それで、この麺とスープは、そういった意味でとても良く合っていますね。そして具は、柔らかくて香ばしいチャーシューと、黄身がトロトロの煮卵が半個分、そしてメンマ。どれも味加減は丁度良く感じました。それから、薄く細く切られた白菜が、何とも良い仕事をするというか。スープも麺もキャラクターの強い中で、サッパリ感が絶妙な息抜きになっています。

濃厚醤油らぁめん 700円
濃厚醤油らぁめん 700円
 こちらは、同行者のいただいたものをちょっちだけ味見させてもらいました。で、そのお味は、ストレートに「鶏」を濃縮したという感じのスープに、中くらいの太さのサクっとしたストレート麺が良く合っていますね。昨年夏頃の下野新聞の記事によると、鶏白湯スープを12時間(ちなみに、同記事によるとつけ麺は14時間、しみずは6時間との事。)煮詰めて作るそうなのですが、濃厚さはあるけど食べやすさも兼ね備えているように感じました。

 そんなわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、それぞれにキャラクターがキチン感じられ、何ていうか、昨年にお伺いした時よりも、強く印象に残りました。ごちそうさまです。

平成23年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
6 9
12 15
18 20 22
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ