たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 バカうまラーメン 花の季

 今回は、前回の『にっこり梨のラーメン』に続いて、期間限定メニューだと思われる『田舎のつけ麺』をば。何でも、10月下旬から11月上旬に東京の日比谷で行われた『大つけ麺博』というイベントで出されたメニューとのことです。そしてそれと一緒に野菜餃子もお願いしました。

大根の煮物(サービス)
大根の煮物(サービス)
 それでまず登場したのは、サービスで出してくれる大根。昨年同様、冬場は煮物になっているのですが、これがまた。一緒に出された熱いほうじ茶を啜りつついただけば、待つ間も楽しいというか。

田舎のつけ麺 800円
田舎のつけ麺 800円
 その後待つこと暫しで、つけ麺(と餃子)が登場。同時にお冷やを持ってきてくれるあたりは、何度来てもさすがだなぁ、なんて思ってしまいます。で、その田舎のつけ麺。見た目は、大きな器に入ったぶっとい麺など以前いただいた『つけ麺・男味』に似ていますが、麺に混ざっていたニラは麺の上に大根の細切りと共に載せられ、また、付け合わせには、野菜の煮物が付いていました。早速、麺を付け汁に浸けていただこうとすると、かなりの濃度というかこだっこさが。そして麺を口に入れると、先程感じた濃度が、固まりのまま口の中に入ってくるような。そしてそれを噛みしだくと、濃厚な動物+魚介系の味と香り、そして、ネギや柚子などの薬味系の風味、そして、麺の小麦の味が、口の中で炸裂するというか。いやぁ、男味も濃かったけど、これもかなりの『濃さ』ですねぇ。でも、麺の上に載ったニラと大根の味と香りが、絶妙な息抜きというか、すっきりした感じを与えてくれ、また、その歯応えも、わりとハードな噛み応えの麺の中でアクセントになっている気がします。それと付け汁に入る具は、男味と同じく豚バラ肉やメンマ、ナルトなど。また、付け合わせの野菜の煮物は、個人的に芋がらが泣かせるというか。それで全てを食べ尽くした後は、スープ割りを堪能。ちなみに今回の割りスープは、付け汁が『濃い』為か、豚骨スープではなく、香ばしくもあっさりした魚風味のだし汁でした。

野菜餃子 380円
野菜餃子 380円
 そかから、『おかみさんの手作り餃子』から名前が変わっていた野菜餃子ですが、中身は以前と同じく野菜が中心。シャキシャキっとした歯応えと、優しい味がいいですね。

 というわけで、今回も美味しくいただきました。ごちそうさまです。

平成21年12月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ