たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 手打ち蕎麦 みつわ

 JR矢板駅からほど近いところにあるこちらのお店ですが、先日、こちらのお店でひたしそば(つけ天そば)をいただいた時、とても気になる品を発見していたので、この日改めてお伺いした次第。

【天中華 800円】
天中華 800円

 そのお目当ての品が、こちらの天中華。この、ラーメンの上にかき揚げが載るスタイルって、関西圏で見かける「黄そば」(中華麺をうどん・そばツユでいただくもの)以外にも、個人的に何度かいただいたことがあるのですが、それが栃木県矢板市でお目にかかれるとは正直思っていなかったというか。

 それで早速スープからいってみたところ、何でしょうかこのあっさりとしつつも滋味のある味わいは。お品書きには「煮干・鶏ガラ・豚ガラの和風スープ」と書かれていたのですが、それらを静かに煮出した感のあるクリアーな味わい。そこに醤油ダレが程よく効いてます。また麺は、そんなスープと良く合う、かなり細めの縮れ麺。ポニョっとした食感と、単体で主張しすぎない味が良いですね。それと具ですが、まず触れなくてはならないのが、揚げたてのかき揚げ。小柱、桜エビ、タマネギなどが、良い割合の衣と共にカラッとサクっとクリスピーに。さらにこの油っ気が、スープにコクを与えています。あとそのほかにも、チャーシューや海苔、ワカメ、ナルトなど、トラディショナル中華そば的具が載っています。

 というわけでラーメンもかき揚げも満足したのですが、正直なところ、最初はシンプルなラーメンからいっておくべきだったというか、ラーメンの味を踏まえた上でいただいた方が、より楽しめたかもしれません。

【鴨せいろうおしらじうどん 850円】
鴨せいろうおしらじうどん 850円

 こちらは、同行の相方がいただいた品。ちなみに「おしらじ(うどん)」というのは、矢板市にあり「幻の滝」とも言われる『おしらじの滝』からその名前を取った、いわゆる「ひもかわうどん」(これも群馬県桐生市などで食べられているローカルなうどんだと思うのですが。)のこと。こちらのお店のうどんメニューは、すべてこのおしらじに変更が可能となっています。で、ちょっとだけ味見させてもらったのですが、そのおしらじは、ペラっツルっした口当たりなれど、噛むと結構モッチリ感も。また鴨のつけ汁は、鴨の旨味と脂のコクがグググっと迫ってきてなかなかに力強い味わい。これはまるまる一人前食べないと勿体ないです。

 そんなわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、これはまたお店にお伺いしなくてはなりませんね。ごちそうさまでした。

令和2年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析