たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県那須塩原市 丸鶏ラーメン 甚八

 昨年9月にお伺いして以来のこちらのお店。その時の記事でも書いたのですが、前回の訪問直後にリニューアルされたようで。もっとも、お店に入ったところ、店舗の内外装はあまり変わっていない印象。(変わっていたら申し訳ない!!)ということは、メインのラーメンそのものが変わったと言うことですかね。それを裏打ちするかのように、店内には「細麺にかわりました。」との張り紙がなされていました。

 で、カウンターに座りお品書きを開いたところ、以前は確か2種類の麺ごとにあったメニューが無くなっていて、醤油味と塩味という味付け別にぐっと整理された印象。またご飯ものも、リニューアル前の鉄飯から昔あったチャーハンへと替わり、サイドメニューも餃子が復活していたような。(餃子については以前がうろ覚えなので違っていたら申し訳ない。)そんな中から今回は、こちらの品々を。このブログの過去記事を見てみると、偶然にも、こちらのお店に初めてお伺いした時と同じ組み合わせでした。

【醤油ラーメン 700円】
醤油ラーメン 700円

 それでまずは醤油ラーメンから。早速スープをいってみたのですが、口に入れると濃すぎない醤油と共に広がる出汁の風味と旨味は、やはり鶏がメイン。ただそれだけでは無い、深みがあるというか。そこに背脂のコクと甘味が膨らみを加え、これが、もう。またそれに合わせるのは、縮れが強い細麺で、表面の透明感に対して中は硬質というかしっかりした食感と、スープとがっぷり四つに組む味の存在感が、また。そして具は、香ばしく「肉」の存在感があるチャーシューと、王道のメンマは、どちらも分をわきまえているというか、しっかりと脇を固め、そこに薬味的ネギ類と貝割れ菜がピリツンっとしたアクセントを加えるという。何ていうか、私のようなボキャブラリーが貧弱な者には表現に苦労するのですが、その実、一点突破主義的派手さは無いけど、全体的に圧が強めの、実に練られた味に感じます。

【3コぎょうざ 290円】
3コぎょうざ 290円

 こちらは、一緒にいただいた品。こちらのお店で以前出されていた餃子と同様、本体にはニンニクが入っておらず、その分、餃子と同じ器にあらかじめ入ってくる特製のタレへの、ニンニクの有り無しが選べるようになっています。で、いただいてみるとラーメンと同様のボキャ貧殺しながら、焼き目カリっ他はモチっとした皮に包まれた、野菜が多めながらも肉とのバランスが良い適度にジューシーな餡の餃子は、しっかりとした味わい。特製タレの塩梅も良い感じでした。

 というわけで、どちらも美味しくいただいて満足したのですが、今回いただいていない塩味のも気になりますし、以前別の麺でいただいた醤油味の背あぶらラーメンも気になりますし、いっそ未経験のチャーハンも食べてみたいなぁ、と。ごちそうさまでした。

令和2年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析