たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

兵庫県神戸市 高速そば (神戸高速鉄道新開地駅 改札内)

 今回の大阪・兵庫方面の旅も最終日となったのですが、この日の朝食にいただいたのが、新開地駅の神戸電鉄線改札内にある「高速そば」。実はこちらのお店も、昨日の「阪神そば」「山陽そば」同様の鉄道会社名+そばというパターンの屋号を持つお店。というのもこのお店がある新開地駅。乗り入れている鉄道会社としては、阪神電鉄、山陽電鉄、阪急電鉄、そして神戸電鉄があるのですが、駅や線路といった鉄道施設は、これら私鉄の接続と、かつてあった神戸市電の置き換えを目的に設立された神戸高速鉄道の所有となっているというわけで。

 それでこの日の午前6時半頃、阪急電鉄で新開地駅に到着。神戸電鉄線の改札口を入ったところにあるこちらのお店まで。お店の開店は午前6時(日曜祝日は午前7時)なので既にオープンしており、店内には数人のお客さんが。私も店外の券売機で食券を買ってからお店の中へと入りました。

【ぼっかけそば 420円】
ぼっかけそば 420円

 それでいただいたのが、神戸の郷土料理で、牛スジとコンニャクを醤油とみりんなどで甘辛く煮た「ぼっかけ」が載るぼっかけそば。で、早速ツユからいってみたところ、出汁感はそこそこなれど、あっさり上品な風味に、上品な濃さの味付けが。また色黒のソバは、この手のお店で標準かつ、個人的にも好きな茹で麺なのですが、柔らかめの食感にツルツルっとした啜り心地。蕎麦の香りもそこそこありますね。それと具のぼっかけは、食感はともかく、味的には脂もあるにもかかわらずあまりガツンと主張せず、ツユと馴染んでいるように感じました。

【いなり 200円】
いなり 200円

 こちらは、一緒にいただいた品。三角形の形状的に、関西を感じますね。また中の酢飯はお酢が強めに効いていたのですが、これまた関西のお稲荷さんに入っていることが多いゴマが、いい仕事をしていました。

 というわけで、どちらも美味しくいただいたのですが、こちらのお店も昨日お伺いした駅の立ち食いそば店同様メニューの種類が多く、他にもいただいてみたい品がたくさんあったので、またいつかお伺いできれば良いな、と。ごちそうさまでした。

令和2年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析