たひお備忘録

とりとめのない趣味の、とりとめのない活動記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

大阪府大阪市 うどん 松屋 (松屋うどん)

 前の記事であげた姫路競馬場を後にして、宿のある大阪の難波まで戻ってきたのですが、実は戻ってきてすぐ、夕食に寿司をいただいたものの、味的に悪くなかったにもかかわらずコレジャナイ感があり、満腹になる前に切り上げて街をブラブラと。

 で、そんな時に目に入ったのがこちらのお店。店構えを見ただけで、ピンと来たというか、これだと思ってお店に入ろうとしたものの、その前に、店外の自動券売機に気がついたのでまずし食券の購入。それにしても、メニューが豊富なうえ、かけうどんやハイカラうどんが200円、親子丼やかき揚げ丼が300円と、更にはかき揚げ丼とかけうどんのセットが400円と、どの品も相当リーズナブルですね。

 そして買った食券を手に入店したところ、長細い店内はかなり広く、わりと広めな厨房の周りに結構な数のカウンター席がぐるっと。そのうちの一つに座り食券を手渡すと、素早い調理であっという間に提供されました。

【肉うどん 370円 + 生玉子 50円】
肉うどん 370円 + 生玉子 50円

 それでいただくのが、肉うどんに生玉子を追加して。早速ツユからいってみようとするものの、これがかなりアツアツ。その温度にめげずに啜ってみたところ、節系の旨味と風味に、薄口醤油ベースの甘さ控えめの味付けが良い塩梅。それにしても、出汁は何がメインですかね。華やかさはなく、どちらかと言うと庶民的だけど、食欲をそそる風味がします。そしてそこに、具の肉の旨味も加わるのですが、この肉がまた不思議肉というか、一般的に大阪の肉うどんは牛肉が多いと思いきや、こちらのは脂がそれほど強くなくさっぱりとしており、豚肉のようなきめ細かな肉質。まぁ、何の肉にせよ、甘さ控えめに味付けされた肉が、ツユと良く合っているから全く問題ないのですが。そしてウドンは茹で麺で、大阪らしい柔らかめな食感かと思いきや、プリっとした歯ごたえもあり、喉越しはチュルっと。途中から生玉子で味変しつつ、熱さでフーフー言いながらも一気に完食してしまいました。

 というわけで、相当に美味しかったことに加えて、「そうそう!こういうのが食べたかったんだ!!」という気持ち的にも満足させていただきました。場所的に、なかなか気軽に来られるお店ではないのですが、またこの難波の千日前付近に来る機会があれば、ぜひともまたいただきたいな、と。ごちそうさまでした。

令和2年2月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいるアラフィフのオッサン。
ラーメン・そば・うどんなどの食べ歩き、乗り鉄、競馬の旅打ち、モータースポーツ観戦、PC自作など嗜んでいます。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2020/05 06
S M T W T F S
29 30
31

アーカイブ

忍者ツールズアクセス解析