たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県宇都宮市 自然派ラーメン 花の季

 平成30年の大晦日。今年のラーメン納めはどこにしようか迷った結果、今年(平成30年)もそうでしたがここ暫く前から正月2日にお伺いしているこちらのお店に。

日光赤おろち 980円
日光赤おろち 980円
半ごはん 110円
半ごはん 110円

 それで注文も、いつもは正月2日にいただいていたこちらの品。で、早速スープからいただいてみれば、まろやかなベースと自家製味噌のきちんと「発酵」を感じさせる味わいの中に、唐辛子の風味と香りや、具の挽肉、タマネギ、モヤシの旨味などが一体となって良い感じなのですが、更にそこに、上に載ったゴマの香ばしさシャキっと瑞々しい白ネギの鮮烈な風味が加わって、これが、もう。そして専用の太縮れ麺は、某ラーメン本によるとホウレン草(以前は確かニラだったかと)を練り込まれているそうですが、その風味よりもモチムチっとした食感が印象的。また、ツルツルっと啜り混むのではなく箸で口に入れるようにいただく麺(これ啜ったら、汁が飛び散りまくってえらいことになると思う。)だけに、様々な具材が麺と一緒になって口に入ってくるのがこのラーメンらしい食べ方だと思います。さらに途中から、上に載っていた味噌玉を溶かせば、辛さの他、発酵味がグンとアップして、後半戦も飽きずにいただくことができるのですが、加えて最後は、残ったスープに半ごはんを投入してフィニッシュ。このスープ、花の季さんのラーメンの中で、一番ご飯と合うと思います。

チェンピン 230円×2個
チェンピン 230円×2個

 こちらは、一緒にいただいた品。といっても一人で2ついただいたのではなく、1つは同行の家人用です。で、少しだけ冷ましてから、カリモチっとした皮とジューシー過ぎる肉々しい餡を一気に味わうのが好きなのですが、今日はラーメンをいただくのに時間が掛かったせいか少々冷ましすぎてしまい、ちょっと勿体なかったな、と。

ラーメン 730円
ラーメン 730円

 こちらは、同行の家人がいただいた品。今回は注文時「柚子を入れてください」とちゃんと言えたので、久しぶりの柚子入りを「美味しい」といいつつ食べていました。それにしても、昔は柚子のような日本的香りの強い薬味が苦手だった家人が、いまや積極的に柚子入りを所望するなんて、味覚って変わるものですね。

 というわけで、どれも美味しくいただき、良いラーメン納めとなりました。ごちそうさまです。

平成30年12月訪問


 何杯食べたかなんてあまり関心がない私ですが、気が向いたので数えてみたところ、平成30年にいただいたラーメン、つけ麺、油そばの類いは、このブログの記事の数から勘定すると126杯になりました。だからといって沢山食べたからどうとか全く思わないですし、まぁ、平成31年も気が向くまま、たまにやっちゃったと思いつつも食べ続けられれば良いな、と。

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
3 5 8
10 12 14
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アーカイブ

忍者アナライズ