たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県矢板市 味一番

 この日、あまり気合いは入れたくないけど、意外性があってちゃんとしているものが食べたいという心理状態だったのですが、そんな時に思い浮かんだのがこちらのお店。元からメニューは豊富で、その中でもいただいたことがない品も多数あることに加え、店頭に置かれたホワイトボードには、わりと短い期間で入れ替わる期間限定メニューが書かれているんですよね。

長崎ちゃんぽん 800円
長崎ちゃんぽん 800円

 それでそんな中から今回いただいたのが、たぶんレギュラーメニューになっているこちらの品。自分的には長崎市ほか有名どころならいざ知らず、栃木県の中華料理店で長崎ちゃんぽんがいただけるのは意外な気がしたので。で、あらかじめコショウが振りかけられ、紅ショウガがたっぷりと添えられた状態で登場したのも以外だったのですが、まずはそれらの影響のなさそうな部分からスープをいってみたところ、これが豚骨味をベースに具材の旨味がたっぷり溶け込んでいて、旨いじゃないですか。また、スープと具材の風味が混ざってちょっとした個性というか、独特の香りがするものの、前述のコショウや紅ショウガが加わることによってそれがカバーされ、完成度が上がる感じがします。またその具材は、豚肉、エビの他、練り物もカニかま、さつま揚げ、ナルトが入り、加えて白菜、キャベツ、モヤシ、青菜、ニンジン、キクラゲといった野菜類もたっぷりと。ちなみに、どれも少々クタっとした、良い感じの煮込み加減ですね。そして麺は、こちらのお店の標準的中華麺よりはだいぶ太いのですが、個人的に馴染みがある極太の、いかにも煮込まれたようなチャンポン麺という感じではなく、コシがある太縮れ麺という感じ。これはこれで全体と合っているように感じました。

牛カルビラーメン 930円
牛カルビラーメン 930円

 こちらは、ホワイトボードに書かれた期間限定メニューから、同行の家人がいただいた品。カルビラーメンって、特定のお店しか出していないというか、出しているお店はどこもメインにしている印象で、逆に期間限定で見かけるのは意外な気がします。で、例によって味見させてもらってところ、赤みのあるスープは、家人によると「しっかり辛い」、私的には「ピリ辛やや強め」という辛さ加減で、それと明確に甘味が効かされた味付けなのですが、これが後を引くというか。また麺は、こちらのお店標準の細縮れタイプ。そして具は、カルビラーメンには定番の溶き卵の他、白菜などの野菜類も入り、そして何より、牛肉がたくさん入っていました。

 というわけで、どちらも美味しくいただき、かつ、意外性も堪能いたしました。ごちそうさまです。

平成31年1月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
3 5 7
9 11 13
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

アーカイブ

忍者アナライズ