たひお備忘録

惑い迷える40代の、食べ歩き、競馬の旅打ち、城巡りなんかの記録。
【タイトル題字:細身のシャイボーイ様】

栃木県大田原市 麺屋 虎龍 大田原店 【閉店】

 こちらは、3ヶ月ほど前に新規開店したお店。その直後にお店の前を通りかかって知って以来気になっていたのですが、この日ようやく初訪問となりました。

 それでお店には、開店時間とほぼ同時刻に到着。早速入店しお品書きを見ると、大きく分けて、「豚骨らーめん発祥地福岡久留米の受け継がれし濃厚豚骨らーめん」と謳う「伝統 継承とんこつ」と、「久留米屋台のあのなつかしいあっさりの豚骨らーめん」を謳う「元祖 塩とんこつ」という2つの系統があるようですね。なので、同行の家人とそれらから1品ずつ注文することにしました。

とんこつ味玉 800円
とんこつ味玉 800円
赤替玉 200円
赤替玉 200円
 で、私がいただいたのが、「伝統 継承とんこつ」からこちらの品。それで早速、スープを一口、レンゲですくって口に入れてみたのですが、まず焦げたような風味と強い苦味、そして結構なオイル感が。確かマー油は使っていない筈と思いつつ食べ進めてみても印象は変わらず、卓上の水に浸かった生ニンニクをクラッシャーで潰し入れても、1つくらいでは味変する事が出来ない程。(っていうか、ニンニク自体、香りと辛味がかなり弱かった気が。)以前(だいぶ昔ですが)、久留米において濃厚な豚骨スープを取る際の「呼び戻し」と言われる製法を最初に使ったというお店でいただいた事があるのですが、その時感じた印象とは、正直なところ全くの別物というか、それで相当戸惑ってしまい、細めの久留米らしい感じの麺や、バーナーで炙られていると思われるチャーシュー、黄身がトロトロの味玉については、正直なところ記憶があまり定かではありません。更に、これならどうだと、特製辛みそトッピングという赤替玉を頼んでみたのですが、辛味噌というよりもラー油的な油を強く感じ、元々オイリーなスープが更にという感じで。

しおとんこつ 750円
しおとんこつ 750円
 こちらは、「元祖 塩とんこつ」から同行者がいただいた品。例によって味見させてもらったのですが、こちらも、私がいただいた品ほどではなかったものの、焦げたような風味と苦味を感じます。スープに入っている胡麻がチャーシューの上で焦げていたのとも関係があるんですかね。またオイル感はこちらの方が上というか、スープが完全に乳化せずに分離気味な所為か強く感じました。(お品書きには「あっさり」と書いてあったような。)ちなみに以前(こちらもだいぶ昔ですが)、久留米において白濁した豚骨ラーメンの元祖とも言われるお店というか屋台でいただいた事があるのですが、こちらもその時感じた印象とは、正直なところ全くの別物です。

 ごちそうさまでした。

平成29年9月訪問

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このブログの管理人

HN:
馬 たひお (@uma_tahio)
性別:
男性
趣味:
このブログのとおり
自己紹介:
栃木県のちょいと北の方に住んでいます。
競馬が好き。食べること飲むこと全般が好き。なので、競馬場で飲み食いしている時が、一番幸せです。

【ご注意】 このブログに記載された情報は訪問当時のもので、現在のものとは異なる場合があります。あしからずご了承ください。

ツイッター

ブログ内検索

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
3 5
7 9 11
13 15 18
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アーカイブ

忍者アナライズ